お尻と言語と量子コンピューターの甘酸っぱい関係 – メンズ禅問答#1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


エロと宇宙の真理をつなぐ、メンズ禅問答。

父と息子による親子の対話。

今回は女性のお尻と、私たちが話す言語と、人類の未来を担う技術・量子コンピューターの関係に迫ります。

 

Qちゃん

お父さん、あの女の人のお尻は大きい?小さい?

ノースター

ふむ・・・日本人にしては大きい方かもしれない。だが外国でこの光景を見たとしたら、大きいとは感じないかもしれないな。むしろ小さい方だろう。

Qちゃん

海の向こうにはそんなに大きなお尻があるの?

ノースター

・・・ああ。アジアを出ると「大きい」のスケールが違う。平均的な日本人とのサイズの差は歴然だ。尻好きにはたまらないだろうな。

Qちゃん

・・・なんか他人事のように言ってるけど、お父さんもお尻大好きだよね。

ノースター

・・・・・ああ・・・!!北米・南米ではお尻が大きい人がたくさんいる。だから大きさ以上に形が魅力の大事な要素になってくる。

だが大きさだけで言えば北欧も負けてはいない。何しろ身長や体の大きさが日本と全く違う。スウェーデンやノルウェーでは女性の平均身長は167センチもある。180センチを超える女性もザラだ。その分、お尻も・・・ハッ!!

なんだいその残飯に群がるゴキブリを見るような嫌悪感に満ち満ちた眼差しは!!

Qちゃん

ううん、お父さんの趣味趣向に口出しするつもりはないから目でありったけの軽蔑の念を送ってるだけ。

ノースター

うむ、そうか。ならばよかろう。

しかし息子よ。「あの女の人のお尻は大きいか、小さいか。」良い質問をするな。今日はその質問を元に、この世界の仕組みについて話させてくれ。

1. お尻と量子コンピューター

ノースター

あの女性のお尻は日本では大きい。だが南米では小さい。どちらも本当だ。これが何を意味するかわかるかな?

Qちゃん

お尻の大きさは場所によって見方が変わるってこと?

ノースター

近いが、その答えでは・・・モテないぞ!!

より正確に言うと、お尻の大きさは見る人によって大きいか小さいかの解釈が違う、ということだ。

Qちゃん

お尻の解釈・・・?

ノースター

日本にしか住んだことのない人があのお尻を見れば「大きい」と思うだろう。なぜなら、これまでの人生で見てきたお尻はほとんど日本人女性のもの。

記憶に刻みこまれた全お尻のデータと照らし合わせると、あのお尻は大きい部類に入る。だから「大きい」と思う。

Qちゃん

過去に見てきたお尻と比べると大きいってことだね。

ノースター

だが南米にしか住んだことがない人があのお尻を見たら、「小さい」と思うだろう。なぜならその人の周りにはあの1.5倍はあるお尻で溢れているからだ。

だから、お尻自体は何も変わっていないのに、見る人によって意見が真逆になるのだ。

Qちゃん

ふーん。同じものを見ても、見る人によって解釈が違うっていうのはそういうことか〜。

ノースター

さて、ここからが肝心だ。

つまりだ。「大きい・小さい、頭がいい・頭が悪い、美味しい・まずい」等、私たちが何かを評価する時に使う言葉のほとんどが相対的な意味しか持たないんだ。絶対的にお尻が大きい人や、絶対的に頭がいい人なんていないのだよ。

Qちゃん

上には上がいるってこと?

ノースター

そうではなくて、あのお尻は大きくもあり、同時に小さくもあるということさ。

「大きい」「小さい」は人間が自分や身の回りの環境を基準に決めているだけであって、見る人や環境が変われば簡単に意見が変わる。だから、絶対的に大きいものも、絶対的に小さいものも、存在しないんだよ。

Qちゃん

じゃああの女の人のお尻は・・・なんなの?どう言い表せばいいの?

ノースター

あの貴婦人のお尻は、大きくもあり、小さくもある。また、大きくもないし、小さくもない。

大きいか小さいかなんて、どっちでもいいのだよ。そんな、人間が勝手に作ったチンケな言葉で評価をするのは愚かだと、ワタシは思う。

お尻の大きさに限らず、給料の高さも、友達の数の多さも、テストの点数も、どの大学を出たかも、二の腕の太さも、脚の細さも、胸のサイズがAかBかCかGかHかも、胸の形がお椀型であるかロケット型であるかも何もかも本当は悩むようなことではないんだ。大きさも色も形も、見る人や見る場所が変われば、全く違う意味を持つからね。

Qちゃん

お父さんは結局ムネも気になるんd

ノースター

ところで量子コンピューターというものを知っているかい?

Qちゃん

いきなり難しい話題に変えてごまかすのヤメテ。

ノースター

従来のコンピューターではとても処理しきれなかったビッグでディフィカルトな計算が異次元のスピードでできてしまう、次世代のコンピューターなんだ。その仕組みが面白いんだよ。

Qちゃん

量子コンピューター(?)がお尻の大きさと何か関係あるの?

ノースター

ワタシたちが慣れ親しんでいるコンピューターは全て、0と1のスイッチのようなものの組み合わせで動いている。単純に説明すると、0がスイッチOFFという意味、1がスイッチONという意味だ。

00011や、10100といった風に、組み合わせを変えることで違うメッセージになるんだ。コンピューター内で起こること全てが0か1という最小単位の組み合わせで成り立っている、という考え方が基礎になっているんだよ。

Qちゃん

モールス信号みたいだね。

ノースター

うむ。早くお尻の話に戻りたいと、男性本能というワタシの内なるドラゴンが叫んでいるが、もう少し0と1の話をしよう。

量子コンピューターでは、その基礎的な考え方が違う。最小単位が0と1ではなくて、「0であるかもしれないし、1でもあるかもしれない」という不思議な単位なんだ。

Wikiなんかを見ると、「0である確率と1である確率が混ざり合った状態」みたいな説明の仕方がされているんだよ。

Qちゃん

・・・は?

ノースター

量子力学という分野での発見の一つとして、モノは同時に二つの性質を持つことがある、ろいうことがわかっている。たとえば、光はずっと波の性質を持つと考えられてきたのだが、1900年頃に、「いや・・・光ってもしかして・・・つぶつぶなんじゃね?」と考えた学者さんがいた。

Qちゃん

え・・・光って粒なの?

ノースター

いや。光は粒であり、波でもあることがわかったんだ。というより、粒の性質と波の性質が一定の割合で混ざっているんだよ。

Qちゃん

余計に意味がわかりません。

ノースター

そう。意味がわからないんだ。言葉で説明しようとするとね。

量子力学の専門家じゃないワタシたちがその言葉の意味を理解する必要は無いと思う。でも、0と1が混ざっているモノや、波と粒の性質が混ざっているモノ。そんな、白黒ハッキリしないモノが世の中にはある、ということだけは知っておいた方がいい。

Qちゃん

白黒ハッキリしないとスッキリしないなー。

ノースター

それが問題なんだよ。ワタシたちはなんでもかんでも、すぐ言葉で白黒ハッキリつけたがる。「波なの?粒なの?巨乳なの?貧乳なの?どっち?」ってね。その方がわかりやすいからね。

でも本当は、世の中には言葉ではくくれないことだらけなんだよ。

日本語にはいくつ単語があるか知っているかい?50万語以上と言われている。50万と聞くと多く思えるが、それでも、この宇宙に存在するすべてのものをたった50万語で言い表せると思うかい?

Qちゃん

うーん五感で感じ取ることのできることは説明できるんじゃない?

ノースター

その通り。五感を通して感じ取れるモノや出来事、現象については、人間の長い歴史の中でほとんど名前がつけられて、単語になっている。でも五感では把握できないあまりに小さな世界やあまりに大きな世界で起きることについては、辞書に載っている言葉を組み合わせても説明しきれないことがたくさんある。

光だって、別に「波と見せかけて実は粒でしたー」なんて風にワタシたちを騙していたわけではない。光は、130億年以上前に生まれた時から波であり、粒でもあったんだよ。

その後、学者が「波だ!」「いや粒だ!」と論争し始めたわけだけど、光先輩からしてみれば、「いやそんな狭い意味の言葉でおれを勝手にカテゴライズしようとしないでくれ」と思うんじゃないかな。




2. お尻と言語

Qちゃん

・・・お父さんの言いたいことがわかったよ。つまり、女性のお尻の魅力は言語で言い表せるほど単純じゃないってことだね。

ノースター

そうだ。大きいか小さいかなんて、そのお尻の魅力のごく一部しか表さない言葉でしかない。お金持ちであるかそうでないかの違いもそう。人種や肌の色の違いもそう。その人間のごく一部しか表さない言葉だ。

そういったカテゴリーを表す言葉があるからって、なんでもかんでも「どっちのカテゴリーだろう」っていう見方で見ようとするのは良くないんじゃないかなーと、お父さん思うよ。

Qちゃん

そっか。「言葉に囚われずに、よく見て」ってことだね。

ノースター

うむ。人間という小さな存在が作り出した言葉なんかでこの宇宙に存在する美しいもの全てを形容しきることはできない。

だから、「大きい」「小さい」などというラベルをつけて、それで価値を測ろうとしてはいけない。どうしても何かを評価しなければならないとしたら、その何かによってどう心を動かされたかを考えるべきだと思うよ。

Qちゃん

じゃあ、あの女の人のお尻は言葉では言い表せないの?

ノースター

そんなことはない。言葉に表すということは、あくまで自分の立場から見た解釈でしかない。だから、自分の解釈を精一杯言葉にするんだ。心で感じたことをがんばって言い表せばいいのだよ。

Qちゃん

じゃあちょっとやってみせてよ。

ノースター

そうだな・・・あの女性のお尻をあえて言葉で表すとすれば、「グッと来る」だ・・・!!!主張しすぎない程度に少しだけ横に広がりのある、円形とも楕円形とも言えぬ類い稀な母性を宿した形状にさらに奥行きが加わり、なおかつ全体が黒のタイトスカートで覆われることによって立体感が絶妙に演出された、見ているだけで満足感に包まれそうになる神秘的なグッと来る光景であると、ワタシは今!世界の中心で!!叫b

Qちゃん

お父さんがお尻に対していかに熱い想いを抱いているかはわかったよ。あと、なんでもかんでも比べようとするのは良くない時がある、ってことは覚えておくよ。

Aカップの人は小さい、Eカップの人は大きいなんて考え方は、確かに単純すぎるのかもしれないね。

ノースター

いやAカップは小さいでしょう。

Qちゃん

・・・・・。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで最新記事の更新情報をGET!

広告です!

「最後にほっこりさせるブログ」の最新記事をFacebookからお知らせさせてください! 下のボタンからFacebookページにいいね!していただけると、みなさんのお悩み解決のヒントになるような記事を書き続ける原動力になります。よろしくおねがいします!

コメントを残す

*