人の役に立ちたいと思ったら。夢を叶えるためにすべき2つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人の役に立ちたい。そう思っているとしたら、一瞬立ち止まって考えてみてください。あなたの生活に一番役に立っている他人の仕事ってなんですか?

答えは人それぞれだと思いますが、ワタシの場合は、答えはゴミ清掃員の方です。

なぜなら、人が率先してやろうとしない仕事をしてくれているからです。ゴミが家に溜まるのを防いで綺麗で健康的な生活をし続けられるように、毎週何回もゴミを取りに来て代わりに捨てていってくれる方達です。

全世界で直接的に人の役に立っている最たる仕事の一つだと思います。あなたがもし人の役に立ちたいと思っているとしたら、ゴミ清掃員の仕事につくのはいかがでしょう?

もしかして嫌ですか!?まあぶっちゃけワタシは嫌です。

「人の役に立ちたい」と言うものの、ほとんどの人はやはり役に立てれば何でもいいというわけではないと思います。

このまま目標が漠然とした状態で仕事を探しに行っても自分の満足がいく仕事は見つからないでしょう。探している物が何かわからないと探しようがないですものね。

そこでこの記事では何をして、誰の役に立ちたいのか明確にする方法をご紹介します。これら2つのことを明確にすれば、人の役に立つにはどうしたらいいかハッキリ見えてきますよ。

1. 「誰の」役に立ちたいか決める

「人の役に立ちたい」と一口に行っても人は今世界中で70億人以上います。いったんゼロの数を確認してみましょう。

7,000,000,000人。

無理でしょ。それらすべての人の役に立つなんて無理でしょ。

iPhoneのこれまでの販売台数が7億台なので、スティーブ・ジョブスの人生を10回生きれば全人類の役に立てるかもしれませんよ。

悪いことは言わん。全人類の役に立ちたいとかそういうのはあきらめろ。

まずは自分がどの範囲の人たちの役に立ちたいのか考えましょう。

1-1. 「誰」を具体化する方法

あなたは具体的に誰の役に立ちたいのでしょう?簡単なようで実は難しい質問のはずです。

でもこの問いを以下のように言い換えれば、きっと答えが見えてくるはずです。

あなたは誰に「ありがとう」と言ってもらいたいですか?

人物像をなるべく具体的に考えてみてください。

1-2. 「誰」を具体化した例

どのくらい具体的にするべきかイメージできるように、ワタシの場合の例を挙げます。

ワタシが役に立ちたいのは・・・教育関係の仕事で人を育てるために頑張っているけど自分一人ではどうしようもないことが原因でなかなか報われない特に綺麗な髪をしたあわよくばボブカットのお姉さんお姉さんお姉さんお姉さーーーーーーーーーん

30-1

はい、ということで少なくとも身近にいる特定の人物に当てはまるくらいまで人物像を明確化しましょう。

1-3. 「誰」を具体化するメリット

なぜそんなに「誰」をハッキリさせる必要があるかと言うと、実際にその相手にたまに感謝されないとがんばるためのやる気が続かないからです。

「誰」をハッキリさせることでその相手に直接的に役立つ仕事を探すことができます。

直接的に役立つことで相手に自分のがんばりに気づいてもらえて、自分はその人の役に立っているという実感をし続けることができてどちらもハッピーになれます。

「誰」の役に立ちたいかイメージできましたか?次はその人物像の人に、自分がどのように役に立ちたいのか考えてみましょう。

2. 「どのように」役に立ちたいか決める

さて、「ありがとう」と言ってもらいたいたい相手にいきなり「あなたの役に立ちたいです!」と詰め寄っても「誰だオマエ」と思われてしまう哀しい未来しか待っていません。

あなたと仕事をしたり、あなたに手伝ってもらうことでどのようなメリットがあるかある程度イメージできなければ、相手は受け入れてくれないでしょう。

まずあなた自身が相手に「どのように」役に立ちたいのかハッキリイメージできていなければ、相手にあなたと携わることで得られるメリットは伝わりません。




2-1. 「どのように」を具体化する方法 ① 絞り込む

そこで、ここまででイメージした「誰」に対してあなたが働きかけたい方法を決めてみましょう。まずは「どのように」を絞り込みます。

以下の4つの方法のいずれかにピンと来るものを一つ選んでください。

  • ・ 肉体的な労働力を貸すことで役に立ちたい
  • ・ 知恵や技術を貸すことで役に立ちたい
  • ・ 資金面での援助をしたい
  • ・ 新たなモノを作ることで役に立ちたい

あなたが役に立ちたい方法は絞り込めましたか?

2-2. 「どのように」を具体化する方法 ② 相手のニーズを理解する

次に選んだ方法をさらに具体化するために、あなたが役に立ちたい相手がどのような手助けを望んでいるのか理解しましょう。この認識がズレていると、どんなにその人の役に立ちたいと望んでもやはり「ヤダなにヤメテ」と思われる悲劇しか待っていません。

相手からすれば「この壺もらってください!幸せになれますよ!」と言われるのと同じで、求めてないものはタダでもいりません。

相手が望んでいる手助け、つまりニーズを知るためには相手に直接話を聞くのが一番です。

それが出来ないのならば、ネットで「綺麗な髪のあわよくばボブカットのお姉さん 苦労」と言ったように「〇〇 苦労」「〇〇 問題」といった検索をかければ膨大な情報が出てくるはずです。

相手を知らずに相手の役に立とうとするのはただの押し付けであり、相手も迷惑です。必ず、相手を知ろうとすることを忘れないでください。




2-3. 「どのように」を具体化する方法 ③ 自分のスキルと相手のニーズをマッチングする

相手のニーズがわかったら、そのニーズに答えるために必要なスキルが何であるか考えてみましょう。

あなたの得意なことと相手のニーズが合致していたら最高ですね。

でも必要なスキルの中には、もしかしたら自分にはないものが含まれているかもしれません。でももし本当に相手の役に立ちたいのなら、そのスキルを身につける必要があります。なぜなら、誰でも持っているスキルで対応できるような困りごとなんてすでに誰かが解決してあげているはずだからです。

あなたが役に立ちたいと思っている相手が困っているのは、それが誰にでも解決できるような困りごとではないからです。だからこそ、新たなスキルを身に付けてでも手助けしてあげましょう。

 

2-4. 「どのように」を具体化する方法 ④ 今の自分にないスキルを身に付ける

お姫様が悪の手先にさらわれる系のゲームを遊んでいる時、1面がクリアできないからって諦めますか?違うでしょう。何度も挑戦して難関を一つずつクリアしていくでしょう!そのゲームを上手くなった人にだけお姫様を助ける資格があるのです!待ってて髪の綺麗なボブカットのお姉さーーーーーーん!!!!

たとえば、遠い国の貧しい子供達が活躍できるように教育を提供することで役立ちたいと思ったら、最低限の外国語を使えなければなりませんよね。助けようとしている子供達が住む国がコンゴ民主共和国だとしたら、そこで使われる言語はフランス語です。

フランス語で授業ができなくてはなりませんし、外国人として子供達に教育を与える許可を得るために交渉や信頼関係構築もできなくてはなりません。それらのスキルが今無かったとしても、彼らの役に立ちたいと思うならこれらのスキルを身につけるしかありません。

逆に言い換えれば、これらのスキルを身につければ、彼らの役に立てる数少ない人材の一人になることができます。

30-2

3. 「誰の役にどのように立ちたい」がわかれば、夢は叶う

あなたが「誰」の役に立ちたいと思っているか、そして「どのように」役に立ちたいと思っているかハッキリイメージできましたか?

できたとしたら、あなたのゴールが明確になったことになるので、あとはそのゴールに向かってやらなければと思うことをやるだけです。

基本的にどんな仕事も人の役に立つものばかりですが、「あなただからこそ出来る人の役に立つこと」が実行できるようになれば、相手もあなたも、双方幸せになれます。諦めないで、がんばってください。

ちなみにワタシの「誰の役にどのように立ちたい」を最後に共有します。

ワタシは、「教育関係の仕事で人を育てるために頑張っているけど自分一人ではどうしようもないことが原因でなかなか報われない特に綺麗な髪をしたあわよくばボブカットのお姉さんが直面する障害を丁寧なコミュニケーションを通して一つずつ取り除いて仕事がしやすい環境を整えることで役に立ちたい」です。

そしてお姉さんに目一杯「ありがとう」と言われたいです!!!!!!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで最新記事の更新情報をGET!

広告です!

「最後にほっこりさせるブログ」の最新記事をFacebookからお知らせさせてください! 下のボタンからFacebookページにいいね!していただけると、みなさんのお悩み解決のヒントになるような記事を書き続ける原動力になります。よろしくおねがいします!

コメントを残す

*