男性がほっとけないシンデレラタイプの女性4選 & 男性が避ける女性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


男性が絶対にほっとけない女性。それは、シンデレラ的な女性です。

「なんだよ結局美人がいいのかよ ッツ」と強めの舌打ちが聞こえてきそうなので補足すると、男性は、女性が美しいというだけでは「ほっとけない」と思うに至りません。

おとぎ話のシンデレラのお話は、わりとリアルであると、ワタシは考えます。なぜなら、王子様に寄ってくる貴族の美人はたくさんいたはずです。なのに、よりによってシンデレラを妃に選びました。

その一番の理由は、シンデレラが美人なのに虐げられていたからです。男性は、こういった「〇〇なのに〇〇」状態の女性がたまらなくほっとけません。

本当は美人なのに服装が地味、本当は胸がふくよかなのに目立たない服を着る、本当は優しいのに普段は冷たい、いいとこのお嬢さんなのに笑いに命をかけている。男性は、本能的にこういった女性をほっとけません。

今回は、その理由と、男性がほっとけないと思う女性のタイプを4つご紹介します。

1. 男性の穴埋め願望とは

まずお伝えすべきことは、男性は「穴埋め願望」があるということです。

待って待ってそんな「いきなり下ネタかよ」的な氷のような目で見ないで!!そういう意味も含むけどそういう意味だけじゃないんです!!

解説いたします。ノースカロライナ州立大学社会学部のシュワルブ教授らが行なった男性と女性の承認欲求の満たし方の違いを探る調査*の結果、若い男性は若い女性に比べて社会での立ち位置をより気にすることがわかりました。

男性は、承認欲求が旺盛、つまり「周りに認められたい願望」が強いのです。

*参考文献: Gender Differences in Sources of Self Esteem, Michale L. Schwalbe and Clifford L. Staples, Social Psychology Quarterly, Vol. 54, No. 2.  https://goo.gl/4GA2zf (2017年5月2日アクセス)

上の図からわかるように、男性は自分で子供を産めないことからか、ただ生きているだけでは「おれって生命として価値あるぅ!!イケてるぅぅぅぅ!!!」と感じることができません。実力を示す、もしくは人や社会に必要とされている実感が無ければハッピーになれないのです。

では、男性はどうしたら人や社会に必要とされることができるのでしょう?それは、仕事で会社や社会に貢献したり、家庭を支えたり、女性に頼られたりすることです。

会社や家庭、女性の人生にポッカリ空いている穴に自分が入ることで穴を埋め、未完成の組織や関係を完成させることで、「おれがいないと成立しないな」と感じ、自尊心が満たされます。

自尊心が満たされると、多くの男性は自分に生命としての価値を感じ、幸せに感じるのです。

1-1. 穴埋め願望を満たす条件1: 未完成の女性

ではここまでのことを、男女関係に置き換えて考えてみましょう。

男性は自尊心を満たすために穴埋めをしたいのです。穴埋めをするには、穴が必要です。自分がぴったり入り込める穴があれば埋めたい衝動に駆られ、ほっとくことはできません。

つまり、性格や生活、仕事や能力になんらかの穴がある「未完成の女性」こそが、男性がほっとけない女性なのです。




1-2. 穴埋め願望を満たす条件2: 近くのたんぽぽ

でも、ただ「未完成」であればいいというわけではありません。女性が「ほっとけない」と見なされるには、もう一つ条件があります。

石原さとみは毎日いたるところで見かける国民的な芸能人ですが、おっかけの数はAKB系統のトップアイドルの方が断然上でしょう。

「いやいやそりゃ会いに行けるタイプのアイドルと会いに行けないタイプの芸能人とじゃおっかけの数が違うのは当たり前でしょ」と思いませんでしたか?

そうです。まさにこの違いに、ほっとけない女性の条件が隠されています。

どんなにかわいい未完成女性でも、手の届くところにいないとそもそも穴埋めできないのです

このブログではことあるごとに石原さとみを例に挙げますが、石原さとみは(お前は何様だと思われるのを覚悟して言いますが)「ほっとける」対象です。

なぜなら、芸能人としてめちゃくちゃ成功しているし、完全なるポジティブ女子(のイメージ)です。彼女の人生には、男が埋めてあげられるような穴はパッと見、無いですし、なにより、もはや天界に住まう女神的な存在です。

 

男性は、自分が女性の人生の穴埋めをする方法が具体的にイメージできなければ、「ほっとけない」衝動に駆られることはありません。

AKB系統のアイドルビジネスは、こういった男性心理を巧みに利用しています。とびきりの美人とは言えなく、売り出し中のアイドルという肩書きのド未完成な女子が歌って踊って頑張っています。男性ファンは、「この子の穴を埋めてあげるために自分にできることはないか?」と考えます。

ありますね。

CD・兼・握手券を買えば、直接的にその子に貢献できます。しかも見返りに直接会って、お話して、握手までできてしまいます。どおりで男性がハマってしまうわけです。

「遠くのバラより近くのたんぽぽ」とはよく言ったもので、男性は身近に感じて、実際に手の届きそうな女性をほうっておくことができません。

この「近くのたんぽぽ」感が、女性をほっとけないと感じさせる第二の条件です。

2. ほっとけない女性のタイプ4選

それでは、男性の穴埋め願望を満たす「ほっとけない女性」を具体的にプロファイリングしてみましょう。

でも、その答えは1つではないのです。

男性の穴埋め願望を満たす方法は、無限にあると言っても過言ではありません。今回はその無数の可能性から4つのタイプの女性をプロファイリングします。男性が穴埋めしたいと思うポイントを赤色で書いておきます。

2-1. 頑張ってるけど報われない系女子

まずはワタシのハートを音速でぶち抜いて止まない個人的ほっとけないナンバーワンをご紹介します。まさにシンデレラタイプの女性です。

“「頑張ってるけど報われない系女子」のプロファイル”

  • メイクもオシャレも年相応の女性用ファッション誌に掲載されるような、模範的なナチュラルスタイルを心がける。
  • 華道やピアノといった、女性らしい教養を鼻につかない程度に身につけている。
  • 弟のデート服を選んであげたり、弟の家に寄ったついでにちょっと掃除してあげちゃうほどの世話焼き。子供をあやすのが得意。
  • お仕事では、任された仕事は頑張ってこなす。遅くまで残業することも。仕事がつらくても弱音はほとんど吐かず、おいしいケーキなどの庶民的なご褒美で自らを励ます。
  • 会社でキャリアを積んでいこうという気はなく、結婚願望がある。が、イケメン好きが災いし、婚期を逃しつつある。
  • 親からのプレッシャーがかかり、お見合い話も多数あるが、恋愛結婚にこだわる節がある。

本人があまりにも女の子であるが故に、頑張ってもなかなか結婚願望は成就しません。そんな女性に悩み相談でもされた日には、男性は「おれが一緒になってやるから、ずっと女の子でいてくれ!!」と、身を捧げたい衝動に駆られ、とてもほっとけなくなることでしょう。

2-2. かわいさを活かしきれていない不器用系女子

次に、絶大な好感度を持って男性のハートをわしづかみにする最強の刺客をご紹介します。

“「かわいさを活かしきれていない不器用系女子」のプロファイル”

  • 派手なきれいさや暮らしは自分には合わないと思っている。メイクしているのか男性の目からはわからない程度のナチュラルメイクをする。
  • かわいさを全面的にアピールすればどんな男でも落ちてしまいそうな顔・体型・声をしているが、コンサバな服装で色気を抑えようとする。
  • いいとこの育ちで、「色気でモノや幸せを手に入れてはならない」と思っているため、男性に対してボディータッチはめったにしない。
  • 脚を組む、脚を組み替える、かがむ、しゃがむなどの男性の目線を奪うような女性らしいしぐさもめったにしないが、したとしても「狙っている感」がゼロ。
  • どこか「人生は楽であってはならない」的な考えがあり、誕生日などでも高価なものを望まず、高価なプレゼントをもらっても困った顔をする。

美貌を利用すれば本当はすぐに手に入れられるはずの贅沢に安易に手を伸ばさない女性に、男性は「たまには甘えてもいいんだって思ってもらいたい・・・っていうかおれに甘えてほしい!!!!」といった具合に思いを馳せます。

オセロというボードゲームを遊んだことのある方はお分かりになると思いますが、せっかく角が取れるのに、取らない人を見かけたら、「なんで角を取らないの!?」と思わず声をかけたくなってしまいますよね。それと同じで、男性は、自分の美貌をうまく活かしきれていない女性をほっとけません。

2-3. 寂しがりやの女王様系女子

次に、M気質の男性のハートを蹂躙する一騎当千の魅力を誇るほっとけないクイーンをご紹介します。

“「寂しがりやの女王様系女子」のプロファイル”

  • 自分が美人であることを自覚していて、「〇〇さんは美人ですね」などの褒め言葉に対して、あえて「でしょう〜?」などと返す会話上手。
  • 交友の輪の中で、女王様キャラを使って消極的な人の背中を押してあげるリーダー的な役割。
  • サービス精神旺盛で、「飲み会するから来なさい」「デートしてあげる」といった風に、周りからキャラ的に期待されている言動を常に心がける。
  • 好きな男性と二人きりになると女王様キャラが解除され、口数が減り、いつもの調子が出なくなる。そんな、公での人格である女王様キャラが発動していない自分に自信がない。

グループの中での人格は、誰しも、自分の性格を増長したものになりがちです。たとえば、周りの人を引っ張っていけるようなリーダー的な人間がグループ内にいない場合、最もリーダーに近い性格を持った人がリーダーシップを発揮しなければならなくなります。

一緒にご飯に行ったりして親交を深めるためのイベントの「言い出しっぺ」がいなければ、関係がいっこうに進展しないからです。

つまり、女性でも、リーダー不在のグループの「穴埋め」をすることがあります。本人は別にリーダーになりたい願望はないけど、誰かがやらなければ何も進まない状況にしびれを切らしていつも言い出しっぺをしているうちに、グループ内で「リーダー」と認識されてしまいます。

こうして、彼女の小さなリーダーシップが増長されていき、本来の性格とは乖離した女王様キャラが出来上がります。彼女は自分の女王様キャラがパフォーマンスであることを自覚しながらも、周りの期待を裏切りたくないことから、やめられません。

そんな彼女の隠された苦悩を知った男性はどう思うでしょう?「彼女が本来の自分でいられる相手になってあげたい!!」と、彼女をほっとけられなくなります。

2-4. 突き抜けて明るいツッコミ待ち系女子

最後は、笑いをいつのまにか愛に変える最強の錬金術師をご紹介します。

“「頑突き抜けて明るいツッコミ待ち系女子」のプロファイル”

  • 常に挙動不審で、リアクションがいちいち大きい。
  • 特別美人・スタイル抜群というわけではないが、清潔で、誰でも好感を抱く。
  • 恋愛対象としてというより、面白い友人として、男友達が多い。だが異性に興味がないわけではなく、ごくたまに女性らしさを垣間見せる。
  • 声が明るく、シンプルなボキャブラリーで話す。大人社会でちゃんと仕事ができているのか周りを心配にさせる。
  • 天然の気があり、言動がツッコミどころ満載。

人を笑わせられたり、笑顔にできるというのは限られた人間にしか備わっていない才能です。みなさんの周りにも、面白い人は数えるほどしかいないはずです。面白い女性はなおさら貴重です。

男性は本来、貴重な資源を確保するハンターですから、面白い女性を目にした時、「自分だけのものにしたい」と思います。

さらに、ツッコミどころ満載の彼女と楽しい会話を続けているだけで、彼女の女性らしさに少しずつ触れることができる点から、彼女との恋仲は男性にとって発展させ甲斐のある関係になります。

コツコツ働きかければ、その分いいことが待っているだなんて、なんて素敵なことでしょう。A型人間の男性は特に惹かれることでしょう。




3. 男性が本能的に避ける「ガイアの大穴系女子」

さて、ここまで男性の穴埋め願望を満たすほっとけないタイプの女性の例をあげてきましたが、穴は穴でも絶望的に大きすぎる穴をお持ちの女性を、男性は本能的に避けるということをお伝えしたいと思います。

地球温暖化などの巨大な問題は、たかだか人間一人の力では手に負えないのです。穴埋めするどころか、橋すらかけられる気配の無いガイアの大穴を目の当たりにした時、賢い男性がどうするかというと、まあ、迂回するわけです。

仮に、穴が圧倒的に大きすぎる女性のことを「ガイアの大穴系女子」としましょう。どんな女性がこのカテゴリーに当てはまるかというと、ネガティブ思考をこじらせてしまっている女性のことです。

嫌なことがあった時、周りの人が励ましたりしてくれても、また別のちょっとした嫌なことをきっかけにすぐにネガティブ思考に逆戻りし、穴埋め作業が完了する前に心が陥没し、また大穴が広がる。そんな起き上がり小法師のネガティブ思考バージョンみたいなのをお嫁さんにしようと思う男性はいません

この世に女性は一人ではありません。35億人いるわけです。わざわざ塞がる見通しのない穴埋めをする理由はありません。男性からすれば、もっ穴埋めし甲斐のある女性を探しにいくのが懸命です。

デキる男ほど、勝算のない戦いには挑まないのです。勝算のある戦いとは、ちょっとした出来事や励ましをきっかけに良い方向に傾くような、ポジティブ思考を持った女性の穴埋めのことです。

4. まとめ:男性はシンデレラのような「希望のある未完成さ」に惹かれる

パーフェクトな人間なんていませんし、この記事でお伝えしたように、(少なくとも男性からすれば)完璧な人間は魅力的ではありません。

でもだからといって、自分の至らないところ全てを白馬の王子様に穴埋めしてもらおうと期待しても、そんな面倒臭いをしようと思う男性は現れません。

シンデレラのような、「一つだけ直せば輝くのに」程度の、希望のある未完成さが、男性が一番ほっとけないタイプの女性です。

男性の考えてることがわかってきたら、ここで腕試し?




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで最新記事の更新情報をGET!

広告です!

「最後にほっこりさせるブログ」の最新記事をFacebookからお知らせさせてください! 下のボタンからFacebookページにいいね!していただけると、みなさんのお悩み解決のヒントになるような記事を書き続ける原動力になります。よろしくおねがいします!

コメントを残す

*