男心を確実にくすぐる!男心の理解と7つの奥義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


女性誌を開けば男性の気をひく方法15選だとか男性がグッと来る女性のしぐさベスト10だとかいろいろなテクニックがありすぎてどれが本当に効くのかわからない!

ハッキリ言いましょう。それらはすべて確実に効いています

でも一回や二回試した程度では必ずしも効き目が表に出るとは限りません。多くの場合、本当はあともう少しで金を掘り当てるところだったのに「テクニックが効いた」という実感がすぐには得られないことから「なーんだガセネタかー」とあきらめてしまいます。

男心はあなたが思っているより簡単にくすぐられます。でもどんな男心くすぐりテクニックであってもボディブローのように、相手の体内に効果が蓄積していくため表面的には効果が見えにくいのです。

そこで大事になってくるのが、「このくすぐり技は確実な効果があるんだ」という確信を持つこと。そうすれば迷うことなく、効果が相手にハッキリ表れるまでくすぐり技を繰り出し続けることができるからです。

今回はボーイハンティングの賢人たちが世に広めたあらゆる男心くすぐりテクニックに効果があることを確信してもらうために、男心がくすぐられるメカニズムについてお伝えします。

1. 男はギリギリが好き

男は元々、獲物と格闘し、勝利して戦利品を持ち帰ることが生物としての役割です。つまり戦いに挑んでいる状態が本来の仕事をしている状態で、一番生き甲斐を感じます。興奮や楽しさといったポジティブな感情が高まります。

でもただ戦っていればハッピーというわけではありません。その戦いが負け戦のような、到底勝ち目のないような戦いであっても、弱いものいじめみたいな負ける方が難しいような戦いであっても楽しさは感じないのです。男は「勝ち負けが最後までわからない」ような、展開が読めないギリギリの戦いに身を置いている時が一番楽しいのです。

サッカーの試合に行ってサポーターたちの様子をずっと見ていれば納得すると思います。点差が大きく開くとサポーターたちは席に座ってしまいますし、点差があまりないと立って応援しますよね。

2. ギリギリ好きな習性を利用した男心のくすぐり方

男心をくすぐるには相手に「ギリギリの戦い感」を感じさせればいいのです。ギリギリの戦い感が感じさせることができれば本当に何でも効きます。いくつか代表的な例を挙げます。

2-1. 奥義その一、チラ見

顔は別方向を向きつつも目だけ男性に向け、相手がこちらに振り返って目が合った瞬間サッと正面に目線を戻す。これがチラ見ですね。ダイレクトに目を見つめるのがトドメを刺す役割であるのに対し、チラ見は牽制球の役割です。気になっているのよ、というサインです。

チラ見をされた男性にしてみれば、あなたのチラ見の真意が気になって気になって仕方ありません。

「オレのこと好きなんだろうか・・・?いやそれとも単に口元にご飯粒がついていたとか・・・ハッ!!チャックが開いてた?フゥ・・・閉まっているじゃないか セーフ!やっぱりオレのこと好きなんじゃ・・いやそんなことあるわけ・・・どういう意味なんだーー!」

と、まあこんな感じで頭の中が忙しくなります。

一回チラ見された程度では時間が経つにつれ、男は「気のせいだったのか・・・」となかったことにしてしまいますが、たとえば廊下ですれ違う度にチラ見されれば彼は一日中あなたのことしか考えなくなります。次あなたとすれ違うのが楽しみで仕方なくなります。

2-2. 奥義その二、チラ見せ

このブログではすでに何回かこのことを書いていますが、チラリズムは男心を確実にくすぐります。見える状態と見えない状態のギリギリのせめぎ合いは男のハートを熱くさせ、目線を釘付けにさせます。何度でも書きましょう。チラリズムこそが男の本能を猛烈に揺さぶるということを!!

でも決して間違えないでください!薄着になればいいということではないことを!!全くチラリズムが期待できないような服装からの屈み行為などによるサプライズ・チラ見せが最も破壊力があります!!

やっぱり男は子供の頃から「変形ロボ」とか「隠し扉」とか、そういうのが好きなんです!静の状態から動の状態に移り変わる時、男は無上のワクワクを覚えるのです!!!!

あなたがチラ見せを繰り出したその瞬間、男性の視界は極限まで絞られ一点に集中します。でもその瞬間、きっとあなたは屈んでいたりしているため、その様子を確認することができないはずです。

でも確実にガン見しているし確実に効いているので、アクション映画によくある爆発を背に歩き去るヒーローのごとく、何事もなかったかのように振舞ってください。

23-1

2-3. 奥義その三、ボディ掠め

ボディータッチではありません。ボディ掠めです。肩が触れたか触れてないかギリギリわからないくらいの距離に一瞬だけ詰め寄られた時、男の脳は触れたか触れなかったかのジャッジにフル回転し、ついでに女性のいい匂いが鼻を通り、甘美な情報が脳内に所狭しと溢れ返りそれはもうお祭り騒ぎです

もちろん肩でなくてもありとあらゆるボディーパーツで同じ効果が得られます。

その日は一日中、あなたのことしか考えていません。

3. 男は優位に立つのが好き

男は周りより優位に立っている時喜びを感じます。子供の頃の「オレ、あのゲームの隠しダンジョン知ってるぜ」から始まり、大人になっても「オレ、ここら辺でヤバイくらい美味しい店見つけたんだ」と、新しい発見をする度に言いふらしたくなってしまうくらい得意げになります。ドヤ顏が目に浮かびますね。

自分だけが知っているゲームやレストランでこれだけ有頂天になる男子が、もしも意中の女性の知られざる一面を自分だけが知ったとしたら・・・?ドヤ顏が目に浮かびますね。




4. 優位に立つのが好きな習性を利用した男心のくすぐり方

あらかじめお断りします。ここで書くことは個人的に、喜びを心に留めておくことができないことです。それは・・・普段仕事をバリバリこなして真顔しか見せないような女性が、自分と二人きりの会話中にふと何かの拍子で笑ってくれた時!!!!

わかりますか!?ありがとう!!そう、女性の「普段見せない一面を自分だけに見せてくれている」感はとてつもない喜びに変わります。その瞬間、「そりゃ人間だから笑う時もあるわ」とかそういう冷静な考えはチリほども素粒子ほどもありません!!

4-1. 奥義その四、闇の中の一筋の光

何がこの無上の喜びを作り出しているかというと、それはその女性のギャップを垣間見ることで同僚が誰も知らない彼女の一面を自分だけが知ったという、優越感です。

相手の男性に彼しか知らないあなたの一面を見せてあげることで、「オレは特別な存在として認められているんだ!」と思い込ませることができます。簡単ですね!

4-2. 奥義その五、初出

こちらの技はいくつかの条件が揃わなければ失敗もありうる高い難易度設定になりますが、隙あらば使っていきましょう。

「あなたのことを誰よりも知っている」と思った瞬間、男性は優越感を覚え、嬉しくなります。頭の中がピンク色になります。そこで、あなたが普段とは違う髪型をしたり普段しないメガネをかけて通勤したりした日は、ターゲットの男性を最初の目撃者にしてあげましょう。

そうすれば男性は後で、他の男性との雑談の中で「〇〇さんってメガネも似合うよね〜」などと言って、自分が一番初めに見たんだぜフフン的な優越感に浸ることができます。「オレ隠しダンジョンの場所知ってるぜ」と自慢しているのと全く同じですね。

この技は朝一番にその男性と顔を合わせることができる状況がなければ成功しません。ベストな通勤・通学のタイミングやターゲット男性の行動パターンをしっかり把握している必要があります。

ちなみに、あなたが普段メガネをしているとしたら、それもチャンスです。ターゲット男子の前でだけメガネを取るだけで同じ効果が得られます。

5. 男は頼られるのが好き

男性は女性に頼られるのが大好きです。

でも「男もバカじゃないんだから『高いところにあるから届かなーい』なんてそんなベタな技が効くわけないよねー」なんて思っていませんか?

23-2

「助けが要る時に自分をご指名いただけるだなんて恐悦至極!!!張り切ってお手伝いさせていただきます!!」男の頭の中はだいたいこんな感じです。

6. 頼られるのが好きな習性を利用した男心のくすぐり方

特に、自分にとっては大して難しくないことだけど「男だから」という理由で頼まれると、まさに男心がざわめきます。「この人はオレを男として認識してくれているんだ!」という実感を拡大解釈して自信にまで持っていくことができます。

それでは男性への頼り方の代表的な例をご紹介します。




6-1. 奥義その六、重量上げさせ

女性が重たそうな荷物をよいしょよいしょと頑張って担いでいる姿は男にとって「お持ちしましょうか、いえ、持たせてください!!」のパターンのフリ以外の何物でもありません。

女性の役に立つことでただの同僚や同級生から、荷物を持ってくれた同僚や同級生にクラスチェンジできるからです。肩書を変えることを許された選ばれし戦士になることに男は喜びを感じ、自らの男としての資質を認めてくれたその女性と少し親しくなれた気がしてしまいます。

たとえ女性と話すのが苦手なピュア男であったとしても、荷物を担ぐことで言葉をあまり交わすことなく女性との距離を少し詰められたような感じがするので、嬉しくてたまりません。

重い物を持たせる以外にも、女性には少し難しいけど男性には簡単な作業なら何でもいいので頼ってあげると男としての生き甲斐を感じさせてあげることができます。

6-2. 奥義その七、光の中の一筋の陰り

普段笑わない人が自分といる時だけ笑ってくれると男はキュンとしてしまうと前に書きましたが、実はその逆も同じ効果があります。普段明るい人が自分といる時だけ、悩み事を打ち明けたりしてくれたとしたら・・・!「まあ家族とか親友には同じような相談すんじゃねぇの」とかそういう冷静な考えは素粒子ほどもありません!!

「普段はあんなに元気そうなのに本当はつらいことがあるんだ、オレにできることはないのか!!?」男はこのように思います。なにせ、自分だけを頼ってくれているわけですから、それに応えずは男にあらず。男性の本能が燃えたぎる瞬間です。

23-3

7. まとめ

いかがでしたか?以上7つの奥義を持って、男心をくすぐるための手段をお伝えしたこととします。他にも多くの技があるとは思いますが、全てこれら7つからの派生技に過ぎません。100通りの技を一回ずつ放つより、2,3通りの技を複数回叩きつけた方が効果が目に見えるようになります。

今回は男を落とす方法ではなく、あくまで男心をくすぐって遊ぶことを目的とした内容でした。男を本格的に落とすための基礎はこちらの記事をご参照ください。

男を落とすために知っておかなければならない存在「ピュア男」

それでは、ターゲットの男子の男心をくすぐり倒して来てください。グッドラック!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで最新記事の更新情報をGET!

広告です!

「最後にほっこりさせるブログ」の最新記事をFacebookからお知らせさせてください! 下のボタンからFacebookページにいいね!していただけると、みなさんのお悩み解決のヒントになるような記事を書き続ける原動力になります。よろしくおねがいします!

コメントを残す

*