倫理ってわかりづらいので擬人化!「倫理さん」の正体と役割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


倫理とは善悪の判断をする際に人間として考慮するべきありとあらゆる基準です。

と、言ってもなんのことやら分かりづらいので、ちょっと言い換えます。

倫理とは、人としてやるべきこと、やってもいいこと、やってはいけないことなどの善悪を判断しなければならない時に脳内に現れる相談相手です。

普段あまり意識しないだけで、ワタシたちは結構頻繁に脳内にある倫理観と相談し合っています。

この記事ではそんな身近なアイツに親しみを込めて「倫理さん」と呼んで、彼の正体と、彼と一緒に上手に生きて行く方法について考えていきます。

1. 倫理さんを擬人化すると

まず倫理さんの正体と役割を知るために、わかりやすい例を挙げます。

あなたは中学生。放課後、ちょっとシャレにならない便意に見舞われちょっと長めにトイレに入っていたらみんなはもう帰っちゃっていて教室には誰もいません。

あなたが男性なら、次の場面を想像してみてください。いつもいい匂いがする石原さとみ似のクラス一の美人・ビジ子のたて笛が机の上に放置されています!!!

あなたが女性なら、次の場面を想像してみてください。いつも息が爽やかな松坂桃李似のクラス一のイケメン・イケ男のたて笛が机の上に放置されています!!!!

究極の二択です。誰も見ていません。舐めますか?舐めませんか?この瞬間繰り広げられる脳内会議の様子を見てみましょう。

1-1. 脳内会議の様子

あなたの内なる欲望さんは「こんなチャンスは滅多に来るものではない。よって、ガン舐めしたい!!!!」と息巻いています。

危機管理さんは「トイレから教室に戻るまで、廊下で誰ともすれ違わなかった。そして人の気配も周りにはない。これから我々が行うべき行為を目撃される可能性は極めて低い。よって、ガン舐めに賛同いたす!!!!」と、もう行っちゃえやっちゃえの雰囲気です。

しかしここで倫理さんが重い口を開きます。「待ちたまえ。他人の所有物を許可なく性的な目的でペロペロペロペロ舐めるのは、人としてどうなのだ。そもそも許可を得たとしても他人のものをペロペロペロペロ舐めるのは人としてどうだ。明日から『私は立派な人間です』と胸を張って生きることができるのか?」

57-1

それまでの興奮が冷め、脳内会議メンバーたちは「誰も見ていないからと言って人が嫌がるようなことをしてはいけないよね」という結論に達します。あなたは脳内会議の結果、たて笛に触れることなく、そっと教室を後にします。

1-2. 倫理さんの正体と役割

これから行うことは損か、得か?法的にOKか、NGか?こういった、自分の利益に直接的に影響する判断基準の他に、「この行為は人として許せるか、美しいか、フェアか、文化を重んじているか」など利益に直接関係ない判断基準をガンガン会議に挙げてくるのが倫理さんです。

たとえば、あなたが一日中買い物して歩き回っていたので尋常じゃないくらい疲れているとします。帰りの電車で運良く座れました。でもその時、重い荷物を抱えている妊婦さんを見かけてしまいます。自分も疲れているのに席を譲るのは明らかに損です。でも「よし、席を譲るのはやめよう」という結論に至ったとしても、あなたの中の倫理さんは「席を譲るのは社会人としてのマナー」と意見するかもしれません。

人間は集団生活をする生き物です。行き過ぎた行為をすると、社会から孤立したり、周りの環境に馴染めなくなってしまう危険があります。

「行き過ぎた行為をする方が得なのでは」と思ってしまった時に誰かが止めてくれれば、または「これは面倒臭いからやらない方が得」と思ってしまった時に誰かが「いや、やろうよ」と言ってくれればいいのですが、いつも誰かがそばにいるわけではありません。

考え直すように言ってくれる他人が周りにいない時、脳内で代わりに意見してくれるのが倫理さんです。

1-3. 倫理さんの強さ

でも倫理さんは、あくまで意見する立場です。あなたの判断の最終決定権を握っているわけではありません。だから、いろいろ考えた結果、

「まあ人としてやっちゃいけないのは分かるけどエロいことを考えている時のワタシはオオカミであって人ではない。よって、たて笛を舐めます!!いただきます!!」と、結局やるべきでないことをやってしまったり、

「まあ妊婦さんが今どれだけつらい状態か知らないけど少なくとも今のワタシは死ぬほど疲れている。よって寝たフリを決行する!!おやすみなさい!!!」とやるべきであることをやらないことだってあります。

「倫理観の強い人」の脳内では倫理さんの影響力が強く、「倫理観の弱い人」の脳内では倫理さんの影響力はあまり強くありません。




2. 倫理さんは強くあるべき?弱くあるべき?

倫理さん、つまり倫理観の強い人はお金がもっと稼げたりモテたりするのかと言うと、そうではありません。倫理観が強いからと言って人一倍得をする、といったことはあまりないでしょう。

倫理観は強すぎても弱すぎても自分のためになりません。このことを理解するために、ここからはいくつかの例を通して倫理観のベストな状態を探っていきましょう。

2-1. 倫理さんが弱すぎると

倫理観の弱い人の方が「社会から信用を失いにくいやすい人」と言えます。

昔、歌手として売れに売れたけど最近テレビで見ない。久々にニュースに出たと思ったら違法薬物所持で逮捕された、なんてことに身に覚えはありませんか?

または、大手企業の社長が会社のお金を私物化して豪遊していたことが発覚し、会社の信用がなくなった、という趣旨のニュースを聞いたことはありませんか?

ドラッグが合法な国でドラッグを使用していたとしたら法的には大丈夫かもしれません。自分の会社なんだからどうお金を使おうが社長の自由である場合もあります。

でもメディアが発達している現代においては特に、倫理を欠く行き過ぎた行為発覚は社会的な死を意味します。

「悪いことをすると法律が罰を下す。だから悪いことはしない」という理論で生きていると、危険です。なぜなら、法律が及ばない海外にいる時は、または誰も見ていない今なら悪いことをしてもOK、と判断しかねません。つまり信用を失いやすい人になってしまうということです。

そうではなく、「ドラッグを服用して、そういった薬物に脳の制御をあけ渡すのは、考える動物である人間であることを放棄することだ」「会社というチームとして儲けたお金を自分一人の幸福のためにキャバ嬢にゴッソリ貢ぐのは人として誇れる行為ではない」などという理論で善と悪を考えながら気高く生きるには、あなたの中の倫理さんがしっかりしていなければなりません。

もちろん、弱い倫理さんと共に人間のゴミクズのような人生を歩んだとしても、それはあなたの自由です。あなたにはあなたの人生の送り方を決める権利があります。

あえてこういう言い方をしましたが、実は歴史に名を残すような人間のリーダーには倫理観の弱い人物が少なくないことも、また事実です。

300万人とも、600万人以上とも言われるユダヤ人を虐殺したヒトラー(日本の人口の半分もの数の人間を殺したのです。倫理観が強いはずがありません)や、もっと身近な例で言えば日本のヒーローの代表格とされる織田信長だって、女性や子供を含む無抵抗の人々2万人を砦に押し込み、火をかけて皆殺しにしたことだってあります。

彼らは当然、世間から大批判を浴び、集中攻撃され、最終的に志半ばで壮絶な死を遂げています。倫理観に欠いた生き方をして、身の危険の心配をせずに安眠できる夜は無いと言っていいでしょう。ヒトラーにいたっては、当然ですが、死後もその行いは世界的に許される気配はありません。




2-2. 善悪の判断は難しい

倫理さんが弱すぎるとロクなことにならないことはわかりました。では倫理さんがゴリゴリに強ければいいのかというと、そうでもありません。なぜかご説明します。

この世に「何が善で何が悪か」という明確な答えはありません。なぜなら、人間はあまりにも多くの観点から物事を判断しようとするからです。みなさんも、善悪の判断をする際には以下のリストにあるものうちいくつか、または全てを判断基準に入れているはずです。

  • 潔白か、汚いか
  • 美しいか、醜いか
  • フェアか、アンフェアか
  • 年上を敬っているか、否か
  • 人権を尊重しているか、尊重していないか
  • 異文化を尊重しているか、尊重していないか
  • 祖国や故郷の価値観に沿っているか、否か

あなたの中の倫理さんはこういった多くのことを基準に善悪の判断について意見してきます。

57-2

人間の世界ではこのように本当に様々な角度から物事を見るため、学校や大学で倫理を教えている先生でも、善悪の判断は100%できません。もちろん裁判所の裁判官だってできません。めちゃくちゃ難しい、というか不可能に近いのです。

2-3. 善悪の判断の難しさ1

なぜ難しいのかよりわかりやすいように、具体的な例を出しましょう。

“善悪の判断の難しさがわかる場面”

あなたが行列ができるスフレ屋さんで列に並んでいると、横からおばあちゃんが列に割り込んできました。あなたが注意すると、おばあちゃんは逆ギレし、大声で、中国語で何かをまくし立て始めました(恐らく罵詈雑言を)。どうやら中国からの観光客のようです。

あなたがジェスチャーで列の後ろに並ぶように伝えようとしても、おばあちゃんは威嚇してくるだけで全く動く気がないようです。スフレを楽しみに待っている周りのお客さんはうるさいおばあちゃんに苛立ちを隠せない様子です。

そこへ、さらに後ろの方に並んでいた大柄な白人系の外国人がやって来て、口が止まらないおばあちゃんに近づくや否や渾身の平手打ちを浴びせました。おばあちゃんはよろめき、地面に座り込んで黙ってしまいました。

周りのお客さんの中から拍手が起こり、次第にそれは列全体に伝播し、おばあちゃんは悔しそうな顔をしてその場から去って行きました。

さて、ここでクエスチョンです。白人系外国人がおばあちゃんにしたことは善か、悪か?

「たとえ相手が極めて不快で好戦的なおばあちゃんであっても他人に危害を加えちゃ人としてダメでしょ」という見方もできますが、同時に「再三、列の後ろに並べと言っても聞かなかったんだから強行手段を取るしかなかったのでは」という見方もできます。

その場を手早くおさめるのに有効な手段であったことは誰の目にも明らかでしたし、周りの人も心がスカッとする対応でした。でも善悪の判断は難しいですね。

2-4. 善悪の判断の難しさ2

善悪の判断は、実は考えれば考えるほど難しくなります。

上の例で、白人外国人の対応を「どちらかというと善」だと思った人に対して次の情報を追加で与えると、意見は変わるでしょうか?

“追加情報”

列に割り込んだおばあちゃんの故郷は中国の内陸部の農村です。現在は都市部に住み込みで働いています。故郷では満足に教育を受けられず、国外のことはほとんど何も知りません。今回は生まれて初めての海外旅行です。

中国国内において農村部の人は家族を養うだけのお金を十分に稼げないため、多くの住民が都市部に移り住もうとしています。でもその数が過去30年間で3億5000万人近く増加(日本全体の人口1億2000万の3倍ですね!)とあまりにも多いため、政府が都市部への移住を規制しています。

でも都市部で働かないと家族が養えないものですから、不正入国ならぬ不正入都したり、正式な手続きの順番待ち状態の時にフライングで移り住んだりする人が後を絶ちません。だって、そうしないといつまでも順番が回ってこないのですから。

電車車内の座席も、食べ物も、職も、チャンスも、ライバルを出し抜くつもりでいなければ何も手に入れられない社会でおばあちゃんは生きてきました。

そして生まれて初めて外国に来てみたら、食べようと思っていた世にも美味しそうなスフレを求める人々が行列を成していました。その時、おばあちゃんの内なるファイティング・スピリットがいつものように燃え上がってしまったのです。

列に割り込まれる隙を見せる方が悪い。中国国内の暗黙の掟がここ日本では全く適応されないことを知らずに、おばあちゃんは絶品スフレを巡るデッド・オア・アライブの闘争に身を投じたのでした。

2-5. 白黒はっきりしない世の中ではバランスの取れた倫理さんが必要

さて、この追加情報を受けて改めて「白人外国人がおばあちゃんにしたことは善か悪か」と聞かれたらどうでしょう?もはや善悪の判断というより、何の判断をしようとしているのかわからなくなりませんか?

ここでさらに、その白人系外国人の方が「以前似た状況に陥った時、暴力に頼るのはいけないと思って言葉や態度で割り込みをやめさせようとしたけど相手は結局聞き入れてくれなかった。フェアプレイをしたら一方的に損をした経験がある」などと発言したとしたらどうでしょう?

この世の中は、広く、深く、知れば知るほどに善悪の判断がつかない、白黒はっきりしない曖昧な世界です。

やるべきだと思い込んでいたことが実は他人の迷惑だったり。やってもいいと思い込んでいたことが実は許されないことだったり。やるべきでないと思い込んでいたことが「なぜやらない」と突然批判されたりします。

全く行動を起こさないことが正解である場合もあれば、普通の人ならしないようなことをあえてするのが正解である場合もあります。「とりあえずこうしてればOK」という明確な答えはありません。

自分の中の倫理さんが強すぎると損をすることが多かったり、世の中に大きな変化をもたらすことができなかったりします。逆に倫理さんが弱すぎると世の中から反感を買いすぎて、社会的な死を遂げる可能性が高くなります。

その都度その都度正しい判断をするには、世の中の人々が持つ様々な観点を広く把握すること、つまりバランスの取れた倫理さんを持つことが大事になります。

3. 倫理さんをバランス良く育てる問題集

倫理さんをバランス良く育てる方法はいたってシンプルですが、その代わりあなた自身がうーんうーんとたくさん考える必要があります。方法は基本的に、様々な場面で何が善で何が悪かをひたすら考えるだけです。

また、それに加えて普段身の周りに無い文化圏の人と接して普段の自分と異なる考え方を吸収することも大事です。倫理の基準と度合いは文化によって大きく異なる場合があるからです。

(たとえばほとんどの先進国では男女平等が良しとされていますが、一部のイスラム系の考え方ではそもそも男女の能力自体違うのだから男女平等にしようとすること自体フェアじゃない、としたり。アメリカの一部の人の考え方では個人が銃火器を持つのを禁じるのは人権の侵害、など)

以下の議題の中からとっつきやすいもの順に考えてみて、自分なりの答えを見つけてみてください。ゴールは、「他人を納得させられるだけの理論を見出すこと」です。善悪の判断は自分一人が納得してもある程度他の人間も賛同できる理論がなければ、ただの独りよがりですからね。

3-1. 問1: 他殺の善悪

現代において殺人なんて倫理観もへったくれも無く絶対にダメなのは大前提です。

でももし、自分には遠く及ばない国家規模の問題で戦争に巻き込まれ、自分の家族が殺されたり奴隷にされたりする危険が迫った場合、それを防ぐためなら他殺は善になり得るでしょうか?

攻めてくる相手も本人の意志ではなく国に命令されてあなたを攻撃していて、あなたと同じく家族や子供が家で待っています。

3-2. 問2: 処断の善悪

あなたがある大企業の社長だとしましょう。経営は上手くいっておらず、能力が時代に追いついていない年配の社員が管理職を独占しているため、企業の技術がどんどん世の中に置いていかれています。このため、若い社員も会社に明るい未来を見い出せず、すぐに辞めていってしまいます。このままでは会社は朽ち果てていってしまいます。

社長として、これまでの会社の成長を支えてきてくれた年配の管理者たちを一気にリストラすべきでしょうか?たくさんサービス残業もさせてこき使ってきたのに?彼らがきちんと成長できなかった理由の一部は、時代に合った研修を提供してこなかった会社の責任であるかもしれないのに?

3-3. 問3: 商売の善悪

あなたが地方にある家電量販店のオーナーだったとしましょう。電化製品の販売の他に、コンピューターの操作が不得意な老人向けにインターネット回線の設定サービスを提供し始めました。実は作業的には若い人ならマニュアルを見ながらやれば3分程度しかかからない超簡単なサービスですが、一回5万円もの大金を請求しています。

こういったサービスの相場もわからない老人は「高いな」と思いながらも渋々お金を支払います。このサービスの導入であなたのお店の売り上げは2倍以上になり、そのおかげで今年は従業員全員に、約10年ぶりにボーナスを支給することができました。従業員はみんな嬉しそうです。

しかし世間からは「詐欺だ」「何も知らない老人を騙すなんてヒドイ」などと批判を受け始めました。売り上げは上がったものの、お店の評判はどんどん落ちています。この老人向けインターネット設定サービスを来年も続けますか?

広告代理店、保険会社、不動産会社など、世の中にあるサービス業のほとんどが、専門知識が無い人のために専門知識を使ったサービスを提供している点に関してはあなたのお店がやっていることと変わらないのに?

3-4. 問4: 貞操の善悪

あなたが結婚していて、子供もいるとします。あなたは週5日仕事をしていて、家に帰った後は子供の世話や家事をしていて、一人の時間はほとんどありません。また、配偶者のことを家族の一員として大切に思ってはいるものの、もう異性としては意識できなくなっています。

夫/妻、父/母やどこそこの会社員などという見方ではなく、自分を一人の男性/女性として見てくれるのは、月に1日だけ会っている浮気相手だけです。もちろんその人とはすでに一線を越えています。浮気相手と一緒にいる時間だけが、今の人生の中で唯一、家族や会社のためではなく完全に自分のためにある時間です。

月に一度のこの日があるから、死ぬほど忙しいそれ以外の日でも我を忘れることなく、親や会社員としての役割をしっかり果たすことができるのだと、あなたは心底思っています。浮気相手との月に一度の密会がなければ、あなたは気が狂って、家族や仕事を置いて自殺してしまうかもしれません。

浮気相手との関係は続けるべきでしょうか?

代わりに風俗店やホストクラブ/キャバクラに月に一度通うべきでしょうか?

3-5. 問5: 人付き合いの善悪

あなたが転校生だとします。緊張と不安だらけの転校初日にあるクラスメイトがとても親身になってくれました。彼/彼女のおかげで初日から笑顔になれましたし、他のクラスメイトに紹介してくれたのですぐに友達ができました。

まだ学校生活に不慣れな間、教科書やノートを忘れたりしましたが、そのクラスメイトはいつもノートを写させてくれたり、フォローしてくれたりしてくれました。

ある日、そのクラスメイトはあなたにお昼代に500円貸して欲しいと頼んできました。あんたはこれまでの彼/彼女の行為に対して小さな恩返しができると思い、喜んでお金を貸しました。

一週間後、まだ先週の500円を返してもらっていないのに、そのクラスメイトはまた500円貸して欲しいとお願いしてきました。どうやら彼/彼女の家庭は貧しく、満足にお昼も食べるお金ももらえないようです。

クラスメイトはその後毎週のようにお昼代を借りてきました。あなたの毎月のお小遣いはそのせいでそれまでの1/3にも減ってしまっています。もちろん、そのお金はあなたの両親が稼いであなたに渡しているお金です。そして、貸した総額はついに5万円に膨れ上がってしまい、クラスメイトは一度もお金を返してくれていません。

あなたはこのクラスメイトにお金を貸し続けますか?

4. まとめ

問題集を通してあなたの中の倫理さんとたくさん相談できましたか?結果的に「善悪の判断は容易にはできない」という結論に達したとしたら、あなたの倫理観はかなりバランスが取れていると言えます。

この世の中において、ある者が一方的に正しいということはかなり稀です。「時と場合や状況、文化、歴史背景や得られる情報などの組み合わせによって善悪は意外と簡単にひっくり返る」ということを意識できれば、適度な慎重さを持って人生を歩めるはずです。

ニュースを読む時に一見悪者に映る側の立場に立って考えてみるといった練習を普段からしていれば、不用意な発言などから損をするのを防げるでしょう。

また、これからリーダーとなり何かを成し遂げようとする人は、倫理的に間違っているかもしれないとわかっていることでも時と場合や状況によってはそれを実行し、悪者になる必要もあることを覚えておきましょう。

倫理さんの意見に耳を傾けつつ、臨機応変に判断ができる人物を目指しましょう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで最新記事の更新情報をGET!

広告です!

「最後にほっこりさせるブログ」の最新記事をFacebookからお知らせさせてください! 下のボタンからFacebookページにいいね!していただけると、みなさんのお悩み解決のヒントになるような記事を書き続ける原動力になります。よろしくおねがいします!

コメントを残す

*