理系英語

海外から客人が!アテンド成功に必須の英語フレーズ28選


海外から客人を迎える日へのカウントダウンが始まってしまいましたね。客人は日本語が話せないから滞在中はつきっきりでアテンド!

「ご一緒させてください」ってなんて言えば失礼がないの?初日はあそこで出迎えて、それからあそこに連れてって・・・移動中の会話はどうしよう!!

外国人のアテンドは、まとまった時間、英語で雰囲気良く話さなければならないので恐怖を感じる方も多いのではないでしょうか。でも大丈夫!!

今回の記事では、きちんと使えれば客人のアテンドが確実に楽になる英語フレーズを音声付きでご紹介します。「アテンドする」の正しい英語表現も場面によって適切に選べるよう、細かいニュアンスの解説もしているので、参考にしてみてください。

こちらで紹介する例では、研究者や大学関係者が海外からの来客のアテンドをする会話の場面を想定します。

続きを読む

はじめての国際学会発表準備と事前に覚える英語表現30音声


これから国際学会で発表する方、準備はできていますか?

学会で発表するということは、苦労して英語で論文を書き上げたのでしょう。でも学会での発表はその英語論文をただ読み上げればいいと言う話ではありません(スライドを読み上げるだけでもダメですよ!)。

論文に書くことができなかった話や、あなたの研究に対する情熱を伝えないと研究者自らが発表する意味はないからです。

それに、小難しい内容の朗読を聞くことほどつまらないものはないですよね。そんな感じの発表が始まって傍聴人がまず思うのは「よし、寝よう」です。

せっかくの発表のチャンスですから、なるべく多くの人に聴いてもらって、さらに自分の研究に興味を持ってもらいたいですよね。

そこで今回は英語での学会発表に臨む前の準備の仕方と、覚えておけばピンチを切り抜けられるようになる英語表現をお教えします。

以下の学会に向けた準備チェックリストを使って自分の研究を最大限プロモーションできるように準備しましょう。

“はじめての国際学会発表と事前に覚える英語表現30音声付き”

学会発表に向けて: 準備チェックリスト

☑︎ 1. 練習に協力してくれる人を見つけた?
— 1-1. そこそこの英語力の協力者が理想
— 1-2. 英語表現: 国際学会での発表に向けた練習に付き合ってもらう

☑︎ 2. スライドは観客の興味を引く?
— 2-1. 結論に始まり結論に終わる
— 2-2. 1スライド、1メッセージ
— 2-3. 図は一目で意味がわかるようにする

☑︎ 3. 発表をわかりやすくする英語の決まり文句は覚えた?
— 3-0. 発表の基本の3パート
— 3-1. 導入部分の決まり文句を覚えておく
— 3-2. 発表を進めるための決まり文句を覚えておく
— 3-3. 締めの部分の決まり文句を覚えておく

☑︎ 4. プレゼンターノーツは用意した?
— 4-1. 記憶力に頼らない
— 4-2. プレゼンターノーツを用意する

☑︎ 5. 余裕の笑顔で発表できるまで練習した?
— 5-1. 何回やっても完成度90%の状態に仕上げる
— 5-2. 好きなことを語っている状態を目指す

☑︎ 6. 不測の事態の対処法は覚えた?
— 6-1. 失敗した時に対処するための英語を覚えておく
— 6-2. 質疑応答で困った時の逃げの英語表現を覚えておく

☑︎ 7. はじめての国際学会発表まとめ

☑︎ 8. 国際学会発表の立ち回りを動画で学ぶ

続きを読む

英語で議論する研究者が使う実用文例集23選!音声付き


「議論」とは英語で: discussion。

他にもdebateやdiscourseなど、場合によっては適切になる同義語もありますが、たいていの場合はdiscussionが最も適切です。

アカデミックな場ではたとえば以下の例文にあるように、主に「have」や「hold」といった動詞と共に使われます。

1. I was having a discussion with professor Kraig the other day and it really helped me put together my thoughts.

この前クレイグ教授と議論していて、おかげで考えがスッキリまとまりました。

2. With the time remaining, we will now hold a discussion on the following theme: the ethics of bio-engineering.

では残り時間の中で、これより「生物理工の倫理」というテーマについてディスカッションを行いたいと思います。


「議論」の英語がわかったところで、研究者が英語で議論する時に知っておくべきことに話を移します。

留学生がいるゼミで、様々な国から研究者が集まる学会で、研究者が英語で議論する機会は少なくありません。普段から論文を英語で読み書きするものの、それと議論で発言するのは全く別のスキルですよね。

研究者は日々論文を読んでいることから英語のインプットは豊富ですが、特に口頭でアウトプットすることに慣れていない傾向があります。言いたいことはたっぷりあるけど話の切り出し方がわからなくて発言できずじまい、ということはありませんか?

今回は英語での議論を通して考えを主張したり意見したりする上で絶対必要なフレーズや立ち回り方を、優先順位をつけてご紹介します。みなさんが持っているスキルと照らし合わせて、抜け漏れがないか確認してくださいね。

続きを読む

懇親会って英語でなに?+懇親会で必ず使う英語フレーズ16音声付き

学会の後にやってくる嬉し恥ずかしの懇親会。懇親会は英語でいくつか言い方がありますが、時と場合によって使い分けられます。

同じ意味の単語を4つ紹介しますが、使い分けに関して唯一重要なポイントはひとつです。相手にフォーマルな会なのかカジュアルな会なのか、雰囲気を伝えるために適宜使い分けましょう

“「懇親会」の英語の使い分け方”

  • Reception party – 特に外部からの講演者や参加者を歓迎するための催し。学会の後のパーティーのフォーマルな呼び方。この単語を使うと相手はオードブルが振る舞われる立食パーティーをイメージする。
  • After party – プレゼン大会など、特に内部の催しの後のパーティー。この単語を使うと相手はカジュアルな立食パーティーやバーベキューなどをイメージする。
  • Social gathering – 「ちょっとした食事会」。この単語を使うと相手はセミ・フォーマル程度の、うるさすぎず静かすぎないような立食、もしくは着席パーティーをイメージする。
  • A little get-together – この単語を使うと相手は「ちょっとした食事会」の少人数版をイメージする。

「懇親会」の英語を使ったいくつかの例文を音声付きで記載しておくので、参考にしてみてください。

I heard there is a 30 minute break before the reception party starts.

懇親会が始まる前に30分の休憩時間があると聞きました。

It’s always hard to tell how you’re supposed to be dressed for parties, but after parties are easy. All you need to do is keep wearing the outfit you wore for the main event.

着ていくものに迷ってしまうのがパーティーの難しいところですけど、イベントの後の懇親会はその点楽ですね。だって、メインイベントで着ていたものをそのまま着ていけばいいだけですから!

We’re planning to have an after party on the first day of the conference. There will be pretty many famous professors attending, so it’s a great chance to network. But don’t worry, it’s more like a social gathering than a formal party.

学会初日の終わりに懇親会を予定しています。著名な教授が大勢参加される予定ですので、コネクションを作るいい機会ですよ。でもフォーマルなパーティーというよりカジュアルな立食パーティーになるので安心してください。

Some of my lab mates and I are going out after the conference for a little get-together, but would you like to join us?

学会の後に私の研究所の同僚の何人かと一緒にちょっとした懇親会をするのですが、よかったらご一緒しませんか?


これで懇親会の英語がわかりましたね。でもこの記事を読んでいるということは、近々外国からの講演者や外国人の参加者と懇親会で英語を話す機会があるのではないでしょうか?

もしそうだとしたら、この記事では学会後の懇親会で絶対に使う英語フレーズをシチュエーションごとにご紹介するので、それらを覚えて是非うまく立ち回ってください。

そうすれば懇親会で他の研究者とのネットワーキングのチャンスを自分の力で作り出すことができるようになりますよ。

続きを読む

理系が成功するために覚えておくと便利な英語文例集22音声付き


我こそは理系!というみなさん、英語は得意ですか?特に読み書きの方ではなく、英語を話すことに自信はありますか?

理系の学生や研究者の方が文系に比べて、昔から英語を話す力を求められていました。なぜかと言うと、昔から、国際学会に参加し、研究を発表したり懇親会で人脈を作ったりしなければならなかったからです。
これらのことができないと、どんなに素晴らしい研究成果を収めたとしても、反響も得られるチャンスも限定的です。

そりゃあ何年も諦めずに研究に没頭し続けていれば40、50歳になる頃にはあなたの専門分野の中で認められているかもしれません。でも英語のコミュニケーション能力なくして若いうちに成功するのはハッキリ言って難しいでしょう。

外国人研究者のたいしたことない研究内容が英語での伝え方がいいという理由だけでもてはやされて自分の偉大な研究は口下手だから注目されない。キィィィィ!!となる前に今から始められる訓練があります。

今回は理系として成功を時や運任せにしないために必要な3つの英語スピーキング能力について説明します。

続きを読む