死のうと思ったら読んでみて。生きる意味を今日、見出す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


このページにたどり着いたということは、どうしようもないほどの孤独を感じていますね。

ワタシも同じ思いがあったからこれを書いています。

きっと、自分の生き甲斐が失われたか、その生き甲斐が無くなってしまったら自分には何も残らないということに気づいてしまったのだと思います。

きっと、あなたは生粋の真面目人間です。自分の力で何とかしようとひたすらに頑張ってきたはずです。そして皮肉にもその結果が、死しか考えられない、今あなたが感じている絶望です。

まず、ここまでよく頑張りましたね。これ以上できないというところまで、あなたは自分を追い込んだはずです。でもやらなければならないことをひたすら続ける中で、「自分」を少しずつ捨てていったのだと思います。

その末、今は自分が誰なのか全くわからない状態なのだと思います。

でももう大丈夫です。実は、今あなたは幸せの一歩手前で横たわっています。これまでの人生は全く無駄ではありませんでした。なぜなら、今までの生き方をしてこなければ、ここにはたどり着くことができなかったからです。

この記事で、あなたのつらかった人生の最後の一歩を踏み、生きる意味を見出す最初の一歩を踏み出すお手伝いをさせていただきます。これを読み終わる頃には、生きる意味がわからなくなったのが実はいいことだったということがわかるはずです。

1. 社会から与えられた使命を果たそうとすると生きる意味がわからなくなる

あなたが今、生きる意味がわからなくなっているということは、社会から与えられた使命を果たそうとし続けて疲れ果ててしまったか、使命を果たしたからなのだと思います。

良い社会人でいよう、良い社員でいよう、良い親でいよう、良い子でいよう。そう思いながら生活してきたのは、社会がそういった生き方を良しとするからです。あなたはもしかしたら、周りからの評判も良く、端からは幸せに見えているのかもしれません。

模範的な生き方をしてきた結果、何が起こったかと言うと、社会の優秀な歯車の一つになりました。人から歯車になってしまいました。そしてこれにより、あなたは自分のアイデンティティーを失った、つまり自分が誰であるかわからなくなってしまったのだと思います。

これまでは社会から「模範的な生き方をする」という使命を与えられ、その使命を果たすために頑張ってきましたが、いざ果たして見ると、特に見返りがないことに気づいたはずです。

2. 自分自身が空っぽの状態に陥る

模範的な生き方をし続けることで得られるものは、「自分の周りに波風が立たないこと」です。しかしあなたは大きな落とし穴に気づいてしまったはずです。自分の周りに波風が立たない代わりに、あなた自身の生きる気力が毎日少しずつむしばまれていることに。

これが、あなたが「何のために生きているのだろう」と考えるに至った理由だと思います。あなたは、あなたの周りの平和を守るために、少しずつ自我を失い、自分であることを少しずつ諦めて、空っぽの状態に行き着いてしまったのだと思います。

もしかしたらこの状態になってからしばらく経っているかもしれません。その間、仕事や子供、恋人などの心の拠り所があり、自分がすでに空っぽであるという事実から意識を逸らすことができていました。でも残念ながら、その心の拠り所が無くなってしまった、もしくはそれが本当に最後の拠り所であることに気づいてしまったのだと思います。




3. 自分がわからなくなったからこそ、自分が何者であるか考えることができる

自分が生きる意味がわからなくなってしまったということは、自分が何者であるかわからなくなってしまったということです。

あなたは今まさに、「何のために生まれてきたのだろう」と考えているはずです。あなたはこれから、このとても難しい議論を脳内で行わなければなりません。でもこの議論の結論にたどり着くことができれば、あなたはその瞬間から幸せな人生を歩み始めることができます。

自分がわからない状態に陥らなければ、自分が本当は何者であるかなんて考える必要はありません。でも今、その必要を感じているはずです。つまりあなたのこれまでの努力は全て、この瞬間のために行ってきたことです。必ず打ち勝ってください。

4. 記憶をさかのぼって自分を見つける

あなたはいつから、自分であることを少しずつ止め始め、社会の良き一員になろうとし始めたのでしょう?記憶に深く潜ってください。学校や先生や親に以下のことを言われ、従い始める前までさかのぼってください。なぜなら、これらは社会があなたを少しずつ洗脳しているようなものだからです:

  • ・「もう子供じゃないんだから」
  • ・「お兄ちゃん/お姉ちゃんでしょう」
  • ・「みっともないから止めなさい」
  • ・「〇〇してえらいわね」
  • ・「〇〇ちゃんは言うこと聞いてえらいなぁ」

すると、かなり幼い時期の記憶にたどり着くと思います。まだ社会の洗脳をほとんど受けていない状態の、ありのままの自分を見つけることができましたか?

次に、たどり着いた記憶の周辺で親など目上の人が介入していない記憶を引き出してください。それらの中で、あなたが一番楽しさを感じているのは、どの記憶ですか?誰も周りにいない時に一人で妄想を膨らませている記憶かもしれません。兄弟や友達と遊んでいる記憶かもしれません。「楽しい」としか思っていない時の記憶を引き出してください。

 

その記憶の中にいるあなたが、本当のあなたです。




5. 喜びを感じる瞬間の共通点を見つける

今度は、本当のあなたがいる記憶から離れて、あなたが喜びを感じている他の記憶をいくつか引き出してください。大人になってからの記憶でも問題ありません。

本当のあなたの記憶と、喜びの記憶には共通点があるはずです。

その共通点が、あなたが本当にしたいことです。一言で表し、書き出してみてください。

 

書けましたか?

あなたはそれを生涯実行し続けるために生まれました。

あなたが生まれてきた理由は、お金を稼ぐためではなく、家族を守るためでもなく、社会に認められるためでもなく、それを実行するためです。つまりそれがあなたの、自分の使命です。

6. 社会から与えられた使命を自分の使命で上書きする

あなたはすでに、社会から求められる最低限を優に超す努力をしてきました。あなたはあなたを育ててくれた社会に対してもう十分に義理を果たしました。あなたと社会の主従関係はここで終わりです。もう、社会はあなたの主人ではありません。

なぜなら、今日からあなたと社会はパートナー同士です。社会に生かされるのではなく、社会と共存していくのです。だからもう、社会から与えられた使命に従う必要はありません。社会から与えられた使命を、すべて自分の使命で上書きしてしまいましょう。

上書きの結果、これまでと変えるべきでないことも少なくないはずです。今の仕事や、今の家族。でもそれでいいんです。それらのことが「社会のためにやる」のではなく、「自分のためにやる」に変わるのは、非常に大きな変化です。

上書きの結果、これまでしてきたことの中で止めるべきであると判断することもあるでしょう。今の仕事や、今の生活リズム。それでいいんです。社会はパートナーですから社会を傷つけるようなことはしてはいけませんが、自分と社会の利害が一致しないことは無理してやろうとする必要はありません。

7. 生きる意味がわからなくなったのは巣立ちの合図

実は、生きる意味がわからなくなったのは、これまであなたを育ててくれた社会の監督下から巣立つ時が来たという合図です。

親元を離れるのと同じで、親に養ってもらっている限りはある程度親の言うことを聞くのが筋ですが、独立できるようになってからはたとえ親の言うことであっても、納得のいかないことや価値観が合わないことは無理に聞く必要はありません。

今まではあなたは親のような存在だった社会に「君はこういう役割だからね」と使命を与えられ、与えられた使命に沿って行動してきました。別にあなたでなくても、役割さえ全うできれば誰でもよかったのです。だからその状態のまま生きていると、自分でいる必要がなくなり、次第に生きる意味がわからなくなっていきます。

でもこれからは、自分から使命を持って、自分の意志で行動できます。自分の使命を実行できるのは、自分だけです。他の誰にも代わりは勤められません。

あなたが生きていなければ自分の使命は果たせません。言い換えれば、あなたが生き続けることであなたの使命を実行し続けることができます。つまり、あなたが生き続けていること自体があなたが生きる意味なのです。

8. あなたが生きる意味

ボールが無いとサッカーができないのと同じで、そもそも生命が無いと自分の使命を実行できません。

社会から与えられた使命を果たすためだけに生きるのならば、生きる意味はありません。でも自分の使命を果たすために生きるのならば、あなたが今日も明日も生きていることがあなたが生きる意味です。なぜなら、あなたの命はサッカーでいうボールなのですから。

あなたの自我はボールをドリブルしている選手です。その選手は監督に言われたからゴールを狙うのでしょうか?違いますね。その選手は自分自身がゴールを決めたいからゴールを狙うのです。あなたが生きている限りボールは生きていて、あなたが自分の使命を果たそうとし続ける限りゴールへの前進は止まりません。

自分の使命に立ち返ってみて「やりたい」と思ったことをやりましょう。「やりたくない」と思ったことは無理してやるのを止めましょう。そうすることで社会から与えられた使命から自分を解き放ち、自分の使命を実行し続けることができるようになり、あなたはあなたでいられます。

繰り返しになりますが、とても大事なことなので。あなたの存在自体が、あなたが生きる意味です。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで最新記事の更新情報をGET!

広告です!

「最後にほっこりさせるブログ」の最新記事をFacebookからお知らせさせてください! 下のボタンからFacebookページにいいね!していただけると、みなさんのお悩み解決のヒントになるような記事を書き続ける原動力になります。よろしくおねがいします!

コメントを残す

*