はじめての国際学会発表準備と事前に覚える英語表現30音声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


これから国際学会で発表する方、準備はできていますか?

学会で発表するということは、苦労して英語で論文を書き上げたのでしょう。でも学会での発表はその英語論文をただ読み上げればいいと言う話ではありません(スライドを読み上げるだけでもダメですよ!)。

論文に書くことができなかった話や、あなたの研究に対する情熱を伝えないと研究者自らが発表する意味はないからです。

それに、小難しい内容の朗読を聞くことほどつまらないものはないですよね。そんな感じの発表が始まって傍聴人がまず思うのは「よし、寝よう」です。

せっかくの発表のチャンスですから、なるべく多くの人に聴いてもらって、さらに自分の研究に興味を持ってもらいたいですよね。

そこで今回は英語での学会発表に臨む前の準備の仕方と、覚えておけばピンチを切り抜けられるようになる英語表現をお教えします。

以下の学会に向けた準備チェックリストを使って自分の研究を最大限プロモーションできるように準備しましょう。

“はじめての国際学会発表と事前に覚える英語表現30音声付き”

学会発表に向けて: 準備チェックリスト

☑︎ 1. 練習に協力してくれる人を見つけた?
— 1-1. そこそこの英語力の協力者が理想
— 1-2. 英語表現: 国際学会での発表に向けた練習に付き合ってもらう

☑︎ 2. スライドは観客の興味を引く?
— 2-1. 結論に始まり結論に終わる
— 2-2. 1スライド、1メッセージ
— 2-3. 図は一目で意味がわかるようにする

☑︎ 3. 発表をわかりやすくする英語の決まり文句は覚えた?
— 3-0. 発表の基本の3パート
— 3-1. 導入部分の決まり文句を覚えておく
— 3-2. 発表を進めるための決まり文句を覚えておく
— 3-3. 締めの部分の決まり文句を覚えておく

☑︎ 4. プレゼンターノーツは用意した?
— 4-1. 記憶力に頼らない
— 4-2. プレゼンターノーツを用意する

☑︎ 5. 余裕の笑顔で発表できるまで練習した?
— 5-1. 何回やっても完成度90%の状態に仕上げる
— 5-2. 好きなことを語っている状態を目指す

☑︎ 6. 不測の事態の対処法は覚えた?
— 6-1. 失敗した時に対処するための英語を覚えておく
— 6-2. 質疑応答で困った時の逃げの英語表現を覚えておく

☑︎ 7. はじめての国際学会発表まとめ

☑︎ 8. 国際学会発表の立ち回りを動画で学ぶ


インターネットエクスプローラーをお使いの方へ:音声が正しく再生できないことがあります。音声を視聴する際は別のブラウザをご使用ください。

1. 練習に協力してくれる人は見つけた?

発表の準備が十分にできたか客観的に判断するにはどうしたらいいと思いますか?そうです。一人で準備するのではなく、発表を誰かに聴いてもらうのがベストです。

実際に他人に聴いてもらうことで観客が自分の発表を理解してくれるか、興味を持ってくれるかが確実にわかります。

もちろん何十回も発表をしたことがあって多国籍の観客がどう反応するか大体想像がつくのなら話は別ですが。

1-1. そこそこの英語力の協力者が理想

英語で発表するからといって、必ずしもネイティブに聴いてもらう必要はありません。むしろ、そこそこの英語力の同僚や学生に聴いてもらった方がいいです。

なぜかというと、国際学会の参加者の大半はネイティブではなく、そこそこの英語力の人だからです。

身の回りにネイティブはいなくても、そこそこの英語力の日本人や東南アジアの人なら何人かいると思います。学会の1週間くらい前に模擬発表を聴いてもらう約束を取り付けましょう。

え?メンドくさい?そうですね。大半の研究者は(日本人に限らず)他人に協力を求めるのを面倒臭がって一人で練習してしまい、本番で目も当てられない痛々しい発表をするという末路を辿っていきます。

「協力して」と他人に頼むのを恥ずかしがるというくだらない理由で玉砕していく研究者になりたいのならそうすればいいさ!言い換えれば恥ずかしがって玉砕する人ばかりだからこそちょっと勇気を出した人が成功するのにね!あーあ!ざんねーん!

・・・でも「そんなアホにはならん」とクールに受け流す方もいらっしゃると思うので、外国人の同僚に英語で協力を頼む方法を以下にまとめておきます。




1-2. 英語表現: 国際学会での発表に向けた練習に付き合ってもらう

以下の英語は同僚にも目上の人にも使える表現になります。

“練習に付き合ってくれるようお願いする”

Could you do me a big favor?

お願いしたいことがあるのですがちょっといいですか?

I’m going to make a presentation at a conference soon, and I’d like to practice speaking in front of people.

今度学会で発表するのですが、人前で話す練習がしたいです。

Do you think you can listen to my presentation and give me feedback?

私の発表を聞いて感想をいただけないでしょうか?

It would mean a lot to me if you could do it.

引き受けていただけるとすごく助かります。

ではこれらを全てつなげたものを聴いてみましょう。今回は同僚にお願いする体にして、日本語訳を少しくだけた感じにします。

Ravin, Could you do me a big favor? I’m going to make a presentation at a conference soon, and I’d like to practice speaking in front of people. Do you think you can listen to my presentation and give me feedback? It would mean a lot to me if you could do it.

ラビンさん、お願いしたいことがあるんだけどちょっといいかな?今度学会で発表するんだけど、人前で話す練習がしたくて・・・僕の発表を聞いて感想をもらえないかな?やってくれたらすごく助かるんだけど・・・

約束を取り付けたら、次は練習当日のことを考えましょう。研究内容や検証結果は今さら変えられないので、わかりやすさや面白さなどの伝え方に関する感想がほしいですよね。相手に聴いてもらう直前に以下の表現を使って練習の意図を明確にしましょう。

“協力に感謝を示し、練習の意図を伝える”

Thank you so much for taking time out of your day.

お忙しいところお時間をとっていただいてありがとうございます。

I’d like your honest feedback on two things: how easy it is to understand and how engaged you feel in the topic.

私の発表を聴いて、発表のわかりやすさと面白さの2点について率直な意見をいただければと思います。

Please stop me as soon as you get lost. That’s where I need to fix.

わからなくなった時点ですぐに止めてください。そこが直さなければならないところですので。
それではこれらをつなげて聴いてみましょう。次の日本語訳は同僚に頼んでいる場面を想定したものになります。

Thank you so much for taking time out of your day, Ravin. I’d like your honest feedback on two things: how easy it is to understand and how engaged you feel in the topic. And please stop me as soon as you get lost. That’s where I need to fix. OK, ready? Here goes.

ラビンさん、忙しいのに時間をとってくれてありがとう。僕の発表を聴いて発表のわかりやすさと面白さの2点について正直に意見してくれるかな?それと、わからなくなったらすぐ止めてね。そこが直さないといけないところだから。じゃあ、いい?いくよ。

練習に付き合ってもらうということは他人に時間を割いてもらうわけですが、そんなに気負う必要はありません。

他の研究者の研究について深く教わるといった機会はなかなかないものなので、あなたの発表内容は練習に付き合ってくれる人にとっても刺激になるはずです。

他人の発想や研究に対してのアプローチなどが無料で聞けるという、相手にとっても決して悪い話ではないのでどんどんお願いしましょう。




2. スライドは観客の興味を引く?

聴いてもらう人を確保できたら、次はスライドを作るか、今あるものを見直しましょう。その際には以下の2点を意識します。

  • ☑️ スライドの順番=プレゼンの構成
  • ☑️ 各スライドの見てくれ=メッセージのわかりやすさに直結する

2-1. 結論に始まり結論に終わる

発表する機会が多い理系の方にはすでに耳にタコかもしれませんが、発表は必ず結論から入りましょう。

以下の質問に答えることでその理由がハッキリわかると思います:

“Q. 次のうち、先を聞きたくなるのはどちらかと言えばどっち?”

a. これから20分間話します。
b. お手元にあるペンがなぜそのような形状をしているかご存知ですか?これから20分間で文房具のデザインについてあなたが知らなかった真実を2つご紹介します。

・・・まあbですよね。

発表に限ったことではありませんが、人に何かを伝える時は以下のことを意識しなければそもそも話を聴いてもらえません。

  • ☑️ 相手は(現代では特に)結論を最後に聞くのを待つほど時間も辛抱強さもない
  • ☑️ 相手は話を聴くことのメリットがわからないと聴く気が起きない

起承転結の考え方が間違っているというわけではなく、そもそも起承転結には「起」の前に前提があるから成り立つのです。

「むかーしむかーし」と言われた時点で聞き手は「あ、これは昔話なんだな。昔話には必ずオチがあるから楽しみだな」と考えます。漫才が始まれば聞き手は「最後に笑いが起こるんだろうな」と考えます。

つまり最初に話を聴くことのメリットが伝わっている前提で起承転結が成り立つのです。「利起承転結」とでも言うべきかもしれません。

あなたの研究の話を聴くことで得られるメリットはきちんと言わないと誰もわからないので、発表の冒頭でちゃんと結論から伝えるようにしましょう。そして発表の最後に結論を再度述べることによって、一番伝えたいことが聞き手の記憶に残り易くなります。

2-2. 1スライド、1メッセージ

スライドの順番はそのまま発表の構成となり、各スライドはあなたの口頭での説明の視覚的な補助です。つまりスライドの順番も重要ですが、もちろんスライドの見てくれも大事です。

各スライドは伝えたいことを一つ表すものだと思って、1スライド1メッセージを基本にしましょう。そうすればスライドの見てくれも自然に良くなります(ポスタープレゼン用ポスターでも同様に1区画1メッセージを基本とする)。

しかし世の中にはスライドの本来の役割を覆すようなクリエイティブな暴挙に出る研究者の方もいらっしゃいます。

以下のスライドはワタシが学会で実際に見たことがあるスライドを再現したものです。

shittiest slide ever

テキストは適当に引用しています: Novel technique to suppress hydrocarbon contamination for high accuracy determination of carbon content in steel by FE-EPMA. Nature. http://www.nature.com/articles/srep29825. Accessed July 19th, 2016

アレ?これって国際学会じゃなくてツッコミどころを探す大会でしたっけ?と一瞬思ってしまうほどひどいスライド、というよりダメなスライドの最終形態でした。

あえて悪い点をあえて述べると

  • ● 字が多すぎるし小さすぎて読めないし読む気も起きない
  • ● 字が隠れたり被ったりしていて読ませたいのか読ませたくないのかわからない
  • ● 何の図かわからない
  • ● 見出しもなければ文字の大きさの差別化も無いため、どこに注目させたいのかわからない

でもこのスライドからだって学びはあります。このスライドの真逆がまさに良いスライドの条件なのです。

“効果的なスライドの条件”

  • 1スライドにつき1メッセージに留める。つまりスライド内の文は1文だけ、多くて2文程度
  • 伝えたいメッセージ以外は除外する
  • 図は一目で意味がわかるようにする。一目でわからないようならば載せない方がいい
  • 誰が見ても注目すべきところがわかる作りにする

効果的なスライドは、たとえば以下のような見てくれになります。

good slide

一番重要なメッセージだけスライドに載せ、補足事項は口頭で説明しましょう。

2-3. 図は一目で意味がわかるようにする

研究に関する発表をするわけですから研究データを見せる必要がありますよね。数値をグラフ化するのはデータを視覚的にわかりやすくする効果があるのは言うまでもありません。

でも以下のスライドを見てみてください。グラフを通して発表者が伝えようとしている一番重要なポイントがパッと見てわかりますか?

badslide2

皆目見当がつかないでしょう!!!!!!

重要っぽいものはいくつかあるものの、注目してほしい記述がどれなのかわかりません。

純粋に数値をグラフ化しただけでは少し不親切です。発表の場では以下の方法で注目してもらいたい部分を強調するようにしましょう。

“一目で意味がわかる図を作るためのポイント”

  • 重要な数値・記述は大袈裟なくらい大きく表示する
  • 多くの雑誌の表紙で行なわれているように、注目してもらいたいワードは色を変えたり大きくする
  • 備考程度の重要度の数値や記述は除外、もしくはフォントを小さくし、色を薄めておく

以上のことを踏まえて、一目で意味がわかる図を用いたスライドは以下のようになります。

goodslide2

スライドや図といった視覚的な発表材料が揃ったら、次は口頭での説明の準備をしましょう。

3. 発表をわかりやすくする英語の決まり文句は覚えた?

世の中には色々な発表の仕方があります、と言いたいところですが、実は3タイプしかありません。

  1. 英語での発表の「型」に沿った発表
  2. 「型」を理解した上であえて型破りな手法を取る発表
  3. 「型」を知らずにただつらつらと話すダメな発表

「よし!3番目のタイプで行こう!」という方にはもはや私から教えられることは何も・・・

2番目のタイプの発表するには1番目のタイプができなくてはなりません。「オレはルールを破るために生まれてきたんだ!」というBボーイ気質の方も、そもそもルールがわからなければ破ることはできないので、まだご存じないとしたらしっかり発表の「型」を身につけておきましょう。

3-0. 発表の基本の3パート

学会に限ったことではありませんが、多くの人は発表が3パートで構成されていると思って話を聞きます。

  1. 導入部分
  2. 中身の部分
  3. 締めの部分

34-2

いやいや常識的に考えてそんなん当たり前でしょー!とお思いになるかもしれません。

でも「やけに導入が長いなと思っていたら気付いたら中身に入っちゃっていた」現象や「中身の部分がやけに長いなと思っていたら急に終わっちゃった」現象を目の当たりにする機会は少なくありません。

これは発表者が導入、中身、締めの流れを完全に無視しているというわけではなく、今話しているのがどの部分なのかわかるような英語表現を使わないから聞き手が迷子になってしまうのが原因です。

「あ、今導入部分なんだな」「あ、今中身に入ったな」と、聞き手がハッキリわかるように各パートの決まり文句は最低限覚えておきましょう。

ここではポスタープレゼンテーションとオーラルプレゼンテーション共通で使える表現をご紹介します。

“ポスターとオーラルの違いって?”

ポスタープレゼンテーション

ポスタープレゼンテーションとは大抵は会場の一画や廊下などで自分で作成したポスターを貼って、道行く人が立ち止まって興味を示してくれたら説明する、というスタイルの発表です。

ポスターが目を引くような作りでなければ立ち止まってくれる人は少なくってしまいます。スライド以上にわかりやすさとインパクトに力を入れてポスターをつくりましょう。

立ち止まってポスターをじっくり読もうとしてくれている人には以下のような英語表現を使って声をかけ、発表させてもらいましょう。

Could I have 5 minutes of your time to explain my poster?

私のポスターを説明するのに5分ほどお時間いただけますか?

オーラルプレゼンテーション

オーラルプレゼンテーションとは演台に立って講演するタイプの発表です。

ポスタープレゼンテーションの観客が自分のポスターに立ち止まった人であるのに対して、オーラルプレゼンテーションでは講演を聞きに来た全ての人が観客になります。 ポスターの大きさでは観客全員に見えないため、パワーポイントなどのスライドを投影します。

発表者として意識しておく最も大きな違いは:

  • ポスタープレゼンの観客とは距離が近いため、自分の発表に対する興味や理解度を確認することができるので自然に和やかな雰囲気になりやすい
  • オーラルプレゼンテーションの観客とは距離が遠いため、改まった雰囲気になり、発表者がプレゼン慣れしていないと緊張しやすい

せっかくがんばって取り組んだ研究を発表するのですから、なるべく多くの人に興味を持ってもらいたいですよね。ポスターとオーラル、どちらの場合も入念な準備と練習がものを言います。

3-1. 導入部分の決まり文句を覚えておく

34-3

冒頭の挨拶には以下のような表現を使います。

1-a. ポスタープレゼンの場合の冒頭の挨拶

My name is Kyota Ko and I’m a doctoral student at Tokyo Institute of Technology. Let me briefly explain my research on metastasis.

東京工業大学でドクターコースを専攻しています、胡 喬太と申します。私の研究分野であるがん転移について少しお話しさせていただきます。

1-b. オーラルプレゼンテーションの場合の冒頭の挨拶

オーラルプレゼンテーションの場合はポスタープレゼンに比べ、もっと改まった表現を使います。

Hello, my name is Kyota Ko and I am an assistant professor at Tokyo Institute of Technology. It is a great pleasure to be here with you today to talk about my research on metastasis.

こんにちは。東京工業大学で助教授をやっております、胡 喬太と申します。本日は皆様に私の研究分野であるがん転移についてお話しする機会をいただき光栄に思っております。

2. 発表のテーマに関連する質問を投げかける

最初に発表のテーマに関連する質問を投げかけると、聞き手の意識を引っ張り込めます。

Before I start, let me ask you a question. Do you know why cancerous cells move from one part of your body to another? … I tried to answer this question through my research.

中身に入る前にひとつ質問させてください。がん細胞が体の中を動き回る理由をご存じですか? … 私は研究を通して、この疑問に対する答えを見つけようとしました。

3. 発表を聞くメリットを伝える

さらに、あなたの発表を聞くメリットを導入部分で伝えることによって、発表の主旨に関して聞き手と意識合わせをした上で発表を開始できます。

By the end of my talk, you will be able to understand the mechanism of the movement of cancerous cells in our bodies.

この発表を聞き終える頃にはがん転移のメカニズムがお分かりいただけます。

4. 全体の大まかな流れを伝える

発表全体の大まかな流れを最初に伝えておくことで、聞き手は発表を聴いている間、現在地をざっくりと把握することができるようになります。マラソンをテレビで見る時、ランナーの現在地を知った上で走る姿を見たいですよね。

There are three parts to my presentation: one, the processes of metastasis, two, my approach to finding the cause of metastasis, and three, important findings related to the cause. 

私の発表は次の3パートから成ります。一、がん転移のプロセス、二、がん転移の原因発見のための手段、そして三、がん転移の原因に関連する重要な発見です。




3-2. 発表を進めるための決まり文句を覚えておく

発表の中身に入ったら自分の研究のことを熱く語るわけですが、そこで気をつけなくてはならないことは1つだけです。それは、聞き手を置いてけぼりにしないように配慮するということです。

そのためには発表中、以下の表現を適宜使っていきましょう。

1. 話の段落を明確にする

話がひと段落して次の部分に進む時は、「今話していた部分が終わりましたよ」「次の部分に進みますよ」といったメッセージを出すことで聞き手の置いてけぼりを防止します。

So that was about the processes of metastasis. Now that we know how metastasis occurs, lets move on to talking about why it occurs.

ここまでががん転移のプロセスの話でした。では転移がどのように起こるのかわかったところで、今度は転移の原因の話に移りましょう。

2. 不明点がないか確認する

特にポスタープレゼンでは聞き手との距離が近いので、次の表現を使って発表の節目で毎回理解を確認することができます。

Are there any questions before I move on?

次に進む前に何かご質問はありますか?

3. スライドに注目してもらう

発表中にスライドに目を向けて欲しい時や、スライドの中の特定の場所に目を向けて欲しい時は以下のような表現を使用します。

Now please take a look at this next slide.

では次のスライドにご注目ください。

Please take a look in the top right.

このスライドの右上をご覧ください。

Please take a look in the bottom left.

このスライドの左下をご覧ください。

3-3. 締めの部分の決まり文句を覚えておく

発表の締めの部分は聞き手に持ち帰って欲しい大事なメッセージを再度インプットする絶好の機会です。また、発表をきっかけに他の研究者と知り合い、ネットワークを広められるように聞き手に働きかけることも忘れてはいけません。

1. 発表をまとめる

まず話した重要なポイントを最後にもう一度挙げ、特に覚えておいてもらいたい事実やメッセージを繰り返します。

So today, we have looked at three things to deepen our understanding about the mechanism of metastasis: the processes of metastasis, my approach to finding the cause which was conducting a series of experiments with knock-out mice, and finally some important findings through those experiments, especially data suggesting that there may be a gene that seems to affect the probability of metastasis.

今日は主に3つのパートに分けて、がん転移のメカニズムに関する理解を深めてきました。 がん転移のプロセス、がん転移の原因発見のための手段としてノックアウトマウスを使った研究を行ったこと、そしてがん転移の原因に関連する重要な発見、特にがん転移に影響を与える遺伝子が存在することを示すデータが取れたことをお話ししました。

2. 発表を一言で締める

次に発表の初めに投げかけた質問の答えを述べたり、発表の目的を達成したことを強調します。

Now you have a better idea of why cancerous cells move around in our bodies, and because we know the cause now, we can imagine several ways to prevent metastasis.

これでがん細胞が体内を動き回る理由がよりハッキリし、理由がわかったことでがん転移を防止する方法がいくつかご想像できたかと思います。

3. 傾聴への感謝を示し、発表を終える

最後に発表を最後まで聞いてくれた観客に感謝の言葉を送り、発表を終えます。

That concludes my presentation. Thank you for your time and attention.

私からの発表は以上になります。お時間とご清聴ありがとうございました。

ここまでご紹介した英語表現は一語一句覚える必要はありません。ただ発表中つまづくとしたら、どうせなら英語の決まり文句が出てこずに無駄につまづくのではなく、発表中思わぬ質問が飛んできたりした時の対処に全神経を使いたいですよね。

上記の例文をご自分の発表内容に合わせて変えて、暗唱できるレベルまで何度も声に出して反復することをお勧めします。

4. プレゼンターノーツは用意した?

本番で言わないといけないことを忘れちゃったらどうしよう・・・

そういった不安から話すことを一語一句スクリプトに起こしたくなるのは自然なことです。でも「1スライド1メッセージ」を徹底していればその必要はありません。

なぜなら、スライドを一目見ればそこで話すべきことを思い出せるようになっているのですから。これはスライドという視覚的情報に自分の記憶を置いておくという記憶術です。信号機が青く点灯すると「あ、歩行者は道を渡っていいんだ」という情報が想起されるのと同じことです。

逆に信号機など街中で指示をくれるものがすべて文で指示して来たら、いたるところが文字で溢れて混乱してしまいますよね。信号機や道路標識が運転における記憶の置き場所であるなら、スライドは発表における記憶の置き場所です。

以上のことを踏まえて、ここでは口頭で発表する内容の覚え方についてお話しします。




4-1. 記憶力に頼らない

あくまで個人の自由ですが、もし発表の練習に何十日もかけられないのであれば、ワタシは発表のためにスクリプトを書き出すのはお勧めしません。

なぜなら:

  • ● 発表中にスクリプトに書かれたまま読もうとすると、観客とのアイコンタクトが外れ、観客の集中力は下がり、さらに発表の説得力が薄まってしまう
  • ● スクリプトを暗記してその通りに話そうとしても数日間の練習程度では必ず途中でド忘れしてしまう

スクリプトを暗記して発表に臨んでも十中八九部分的に忘れてしまい、発表中焦ることになります。

スクリプトを暗記しようとするとスクリプト内の細かい言い回しなどにもこだわりができてしまい、ちょっと違う言い方をしてしまっただけであたかも発表全体の完成度が下がったかのように感じてしまいます。

それだったら細かい言い回しに関しては多少の自由度を持たせる方が、いざ発表する時にミスから挽回しやすくなります。各スライドに1つ、「言いたいことはこれだ」と思うことを決め、あとはスライドを見ながらひたすら練習することをお勧めします。

4-2. プレゼンターノーツを用意する

しかし1スライド1メッセージを徹底したとしても、どうしてもスライドには載り切らない「絶対言いたいこと」は出てくるものです。そんな時はプレゼンターノーツを活用しましょう。

プレゼンターノーツとは単純に、絶対言いたいキーワードを箇条書きしたメモのことです。以下の図のように、ノーツに描いてあるキーワードを見ながら話をその場で組み立てていきます。

34-1

フラッシュカードのような面積の小さな紙を用意してそこにノーツを書いてもいいですし、パワーポイントなどのプレゼンソフト・アプリのノーツ機能を利用するのもアリです。

スクリプトではなくプレゼンターノーツを用意し、さらに協力してくれる人に聴いてもらう機会を設けることによって、本番となるべく近い状況で練習ができるようになります。

5. 余裕の笑顔で発表できるまで練習した?

フィギュアスケートなどの演技モノのテレビで競技を見ることはありますか?たとえその競技に関して素人だったとしても、たとえ画面越しであったとしても、視聴者には選手の緊張は伝わってしまうものです。

人前で発表するとしたらなおさら、あなたの緊張はダイレクトに伝わってしまいます。観客は「あー今にも失敗しそう。いつ失敗しちゃうのかな」と発表の中身以外のことに気を取られ集中して発表を聴けなくなってしまいます。

5-1. 何回やっても完成度90%の状態に仕上げる

一回通しで出来た程度で練習を切り上げると痛い目に遭います。その成功した一回は「奇跡の一回」と思いましょう。

奇跡の一回を体験したことによって理想像がハッキリわかったと思って、今度はその理想像に90%くらい近い出来で5回連続で成功するまで練習を続けましょう

ワタシの経験則になりますが、5回やって5回とも90%以上の完成度だとしたら、もう何回やっても同じです。3回連続成功で練習を切り上げると、本番は大体70%程度の出来になってしまいます。

以下のように完成度90%の回をカウントしながら、5回連続で成功するまで練習を続けましょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
× × × ×

自主練習で5回連続成功してから協力者に聴いてもらってそこでも成功したとしたら、あなたの自信は最高潮に達し、本番での緊張を極限まで抑えることができるようになります。

5-2. 好きなことを語っている状態を目指す

「中日ドラゴンズのマスコット、ドアラのバク転にかける想い」みたいなどんなニッチな話題でも、話し手が熱く語っていると話に引き込まれますよね。

この現象は本能的なもので、話し手が楽しそうに語っていると聞き手は「そんな面白そうなこと=幸せに直結することがこの世の中にあるのか!もっと詳しく知りたい!」と思ってしまうのだとワタシは考えます。

研究内容に関する発表中も、とにかく「この人、楽しそうに語っているなー」と思わせれば勝ちです

そのためには情報提供の部分は無意識にでもできる状態まで持って行き、研究に対する情熱を語ることに意識を持っていけるようになるまで練習を十分にすることが大事です。

以下のように考えると、練習を通して目指すべき目標がわかりやすくなると思います。

○ 発表しながら自分がワクワクしたら準備は完璧
× 発表しながら自分がワクワクしないなら準備は不十分

6. 不測の事態の対処法は覚えた?

34-4

さて、たとえ発表自体を完璧な状態に仕上げても、運が悪いと不測の事態に陥ってしまいます。

でも対処法さえ覚えておけば困りませんし、逆に不測の事態を笑いに変えるなどすることだってできます。

6-1. 失敗した時に対処するための英語を覚えておく

言葉に詰まったり、万が一ド忘れしたりした時には以下の英語表現を使って対処しましょう。

1. 考える時間を稼ぐ

数秒考える時間が欲しい時はこういった表現を使って、「今考えてますよー」と聞き手に理解してもらいます。こうすることで聞き手に「この沈黙は何?」と思われてしまうような事態を防ぐことができます。

Now what was I going to tell you next … oh, yes.

さて、次は何をお伝えしようとしてたんでしたっけ・・・あ、そうでした。

2. たどたどしさを笑いに変える

早口になってしまったり、連続で言葉につっかえてしまったりとスムーズに発表が進んでないな、と思ったら以下の表現を使って笑いに変えましょう。

An interesting point about metas … an interesting point about metast … sorry, this was so much better when I was practicing in the bathroom. An interesting point about metastasis is …

がんてんfd … がんt … すみません、トイレで練習してた時はもっと上手かったんですけど。がん転移の興味深いところは …

3. ド忘れしたところを一旦飛ばす

ド忘れした時の一番の対処法は、一旦その部分を飛ばして、後で思い出したら戻ってくる、です。

Next, um … let’s skip this part for now while we give my brain some time to recall an important message I wanted to give here. 

それでは次ですが … ここでお伝えしたかったことを私の脳が思い出すまでこの部分は一旦飛ばしましょう。

6-2. 質疑応答で困った時の逃げの英語表現を覚えておく

多くの方が学会で発表する際に一番怖いと感じるのは質疑応答部分です。なぜなら発表部分と違って、話す内容を完全に準備できないからです。

でも対処法は簡単です。

勝ち戦はして、負け戦さはしない。その場で答えられるなと思った質問には答えて、答えられない、もしくは質問自体がわからないと言った質問は「逃げ」の対処をします。

最後に以下の「逃げ」の英語表現を覚えておけば怖いものはなくなります。

1. 質問が理解できなかった場合

質問者の英語が難しすぎたり、早口すぎたりして質問がわからなかったら、以下の表現を使って後で個別に聞くと伝えましょう。

Excuse my poor English skills. I’m having trouble understanding your question. Could we talk afterwards at the reception?

私の英語が足りなくて申し訳ありません。ご質問の意味が理解できません。後で懇親会の時などにお話し直接させてください。

2. 答えられない質問が来た場合

まだ研究段階で結果が出ていなかったりした時はこのような表現を使って質問者に諦めてもらいます。

Sorry, I’m afraid I don’t have an answer to that question. I’m still working on finding an answer myself.

申し訳ありませんが、その問いにはお答えできません。私自身、答えを模索中です。

3. 答えたくない質問が来た場合

まだ公には発表したくないことを質問された時は以下のような表現を使います。

Sorry, I’d rather not answer that question now. It’s confidential. 

申し訳ありませんが、そのご質問にはお答えできません。秘密です。

4. 質疑応答を切り上げる

オーラルプレゼンテーションでは議長が仕切ってくれることが多いですが、ポスタープレゼンテーションにおいては発表者=議長でもあります。

質疑応答の時間中に質問が止んだら、以下の表現を使って切り上げましょう。

Any other questions? … I guess that’s all for now. If you come up with any questions later, I’ll be more than happy to answer them then. Thank you.

他にご質問は? … 以上のようですね。もし後で疑問点など思いつきましたら喜んでお答えしますのでお声がけください。ありがとうございました。




7. はじめての国際学会発表まとめ

ここまでご説明したことを以下のチェックリストにまとめました。次の発表に向けて、すべての項目にチェックを入れることができたとしたら、100%の自信を持って本番に臨めると思います。

項目 チェック
練習に協力してくれる人は見つけた?
スライドは観客の興味を引く?
発表をわかりやすくする英語の決まり文句は覚えた?
 プレゼンターノーツは用意した?
 余裕の笑顔で発表できるまで練習した?
不測の事態の対処法は覚えた?

8. 国際学会発表の立ち回りを動画で学ぶ

さて、今回は国際学会での発表で使用する英語表現を30個ご紹介しましたが、「使えそうだな・使いたいな」と思うものもあれば、「違う言い方はないのかな・自分の状況に合わせるとどう表現すればいいんだろう」と思うこともあったのではないでしょうか。

この流れは・・・わかりますね

はい、ワタシの著書の宣伝です!!!!!!

ワタシは英語教師とコミュニケーションのスペシャリストという職能を活かして、東京工業大学で効果的にコミュニケーションが取れる研究者を育てるために同大学教授と英語コミュニケーションプログラムを共同開発しました。

このプログラムで教えられているコミュニケーションスキルが東工大の学生以外にも共有できるように、すべてのノウハウを凝縮した本が以下の二冊です。

理系英会話アクティブラーニング1 テツヤ、国際学会いってらっしゃい〜発表・懇親会・ラボツアー編

理系英会話アクティブラーニング2 テツヤ、ディスカッションしようか〜スピーチ・議論・座長編

この記事でご紹介した英語表現のバリエーションも豊富に掲載しているので、あなたの発表に合った表現がきっと見つかると思います。

また、英語フレーズを実際に使用するタイミングやニュアンスなどがハッキリわかるように、テクニック毎に会話例の動画をスマホなどですぐ視聴できるようになっています。国際学会に行く前に内容を一通りおさらいしておけば、成功を手にする可能性を確実に上げられます。

出版元の羊土社のこちらのサイトで詳しい情報や章立てが閲覧できます。

二冊に渡って理系男子であるオリジナルキャラクター「テツヤ」が学会での発表などを経て成長していく物語を追って、是非あなたも自信を持って今度の学会発表に挑んでください。

ということで本買ってください! そしてグッドラック!

ブログ著者について

Kyota Ko

Kyota Ko (胡 喬太)

日本人と台湾人のハーフ。インターナショナルスクール卒業後、米Davidson大学で学ぶ。英語教師として10年の間に1000人以上のビジネスパーソンや学生を個別に教えた経験を活かし、現在は教材・研修開発とライターの仕事を兼務する。

東京工業大学と羊土社と共同開発した理系のためのコミュニケーションに関する著書「テツヤ」シリーズを2冊出版。また、同出版社の 科学誌「実験医学」と、産労総合研究所の「企業と人材」誌に連載記事を執筆する、コミュニケーションのエキスパート。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで最新記事の更新情報をGET!

広告です!

「最後にほっこりさせるブログ」の最新記事をFacebookからお知らせさせてください! 下のボタンからFacebookページにいいね!していただけると、みなさんのお悩み解決のヒントになるような記事を書き続ける原動力になります。よろしくおねがいします!

コメントを残す

*